>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

怖い話

今日の晩、二号が帰ってきて


「お母さん、この家に幽霊がいる!」とのっけから言う


「なんで?」


「ゆうべ、雨戸は閉まっていた?」


「多分」・・・・・夕べの記憶があいまい。朝は ダンナが開けていた



「ゆうべ、和室(仏間)で彼女と長電話していたら うしろから 小さな声で うるせーよと聞こえた」



「何時?」


「夜中の三時」


「兄ちゃん 違うの?」


「兄ちゃんも電話で話していた」


「女の子?あ、彼女が出来そうかもって言っていたよね」


「う~ん、微妙な感じらしい、結構遊んでいるらしいわ。その子」




・・・・・派手な子が好きやから そうなるのよ(涙)



「ぁあっ、幽霊や」



「お母さん、連れてきたかな」


「ええっー」



少し前に 病院へ行く私用があり 用事を終えて 出てきてしばらくしてから 急に左肩が痛み出し


もしかして 幽霊?と思ったことがあった。


なんでも 幽霊は 左肩に憑くとか。



そのあと、清めの塩を肩に振りかけてみた。



「お母さん、勘弁してくれよ」 困った顔の二号



夜中の三時に 後ろから 声がするなんて あまりにも そろいすぎ。



昔は霊感の強いお父さん、ここ最近、いろいろと霊感を感じるお母さんの間に生まれた以上、仕方ない。あきらめてくれ 二号。


きっと それは 幽霊に違いない:



・・・・なんちゃって。本当はどうなんだろう????
関連記事

| 日々の暮らし | 22:01 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT