>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

訪問者

昨日、敷物パットに布団カバーを洗濯して出かけた


春先の強い風が 時々 吹き荒れ


お布団を干さなくてよかったなぁと思いながら 家に帰ってきた。

庭先を見ると


物干し竿が落ち 布団カバーも下に落ちている



あちゃーっ。



うん?なかいるぞ。


布団カバーの上に ちょこんと 猫が座って リラックスしているじゃないか




く、くそ~




せっかく 洗ったのに。



猫のほうに 走っていこうとするが 車庫の車の入れ方が悪く 前へ進めず



じたばたしている私を



「なにをそんなに 慌てているの?




悠然とした表情で 眺めている


そのさまに むかつき




庭の小石をひろって 投げつけたら



慌てて 逃げていった。



もちろん、二枚とも 洗いなおしましとも。




帰ってきた ダンナに話すと


「わかる、わかる、愛嬌のある顔で見ているよな」



その言葉尻に 親近感が読み取れたが そういうダンナも軒先で日向ぼっこしている猫に向かって小石を投げた






そういえば 引越しする前の家でも




なぜか 近所の飼い猫が よく遊びに来て



開けてくれというように ガラス窓の向こうから にゃーにゃーよく鳴いていたっけ。




困ったにゃ~





読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

関連記事

| 日々の暮らし | 21:03 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT