>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

包帯クラブ

今日、テレビで 天童荒太の 包帯クラブを見た。

包帯クラブとは

傷ついた人の、傷ついた思い出の場所に包帯を巻く ある意味 ボランテイアに溢れたクラブ。

主演は柳楽優弥。


友達の影響で 関西弁を話すのだが 


その関西弁を聞きながら つくづく  関西弁は 元気のある言葉だなと思う。





傷ついたものに 包帯を巻く。


うん、なんだろう。


誰かが 自分の為に 行動を起こしてくれている


励ましてくれている誰かがいる。


自分は一人じゃない。


そこに 救いを感じるのかなーと思いつつ


仲間っていいもんだ



誰でも 心の奥底に 大小はあるが 傷を持っている。



その傷を やさしく 包みこんで 保護してくれるものは


いったい、どんな存在なのかな。


とても 心に残る映画だった。


柳楽優弥君。前に薬を飲みすぎて 病院に運ばれたみたいだが。


彼にひとこと 言いたいな。

あなたはとっても 素敵な 俳優さんだよ。


自信を持って


あせらないで。



・・・・ここから ささやかにエールを送らせて頂きます・・・・・



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

関連記事

| 日々の暮らし | 22:28 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

さすが
美代ちゃんは しっかり言葉を頭に入れているね。感心!

| sakko | 2009/03/04 20:37 | URL | ≫ EDIT

私はこの映画の他人の痛みを知って何もできなくてもいい、知るだけでも意味があるんだ、という一節が心に残りました。

| みよ | 2009/03/03 07:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT