>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

日光への道は危なかった。

何をやっても間際でないと出来ない私。


休みがたんとあったのに 4日の夜遅くから 日光観光の計画を立て始める


ご丁寧に ネットで調べたり なんやかんやしていると


すでに夜中の1時15分。


ああ、なんで私ってこんなんだろう(涙)


朝は 5時半起きだったよな。。。。


まぁ、電車で寝たらいいか<アバウト


そして 洗濯物を干し しっかり朝ごはんを食べ 「何を着て行こうかな~!」と選んでいるうちに


もう時間ぎりぎり。

「あー、危ない。時間や」と騒ぎたてる私を見てダンナがぽつりと



「びっくりするわ。その行動ぶり。旅行に行くと思えやん」横で呆れていた。



そして いつもの通勤電車に乗り



いつもの駅で乗り換えだ。


「@@番乗り場ってどこよ?」


この電車に殆ど乗ったことがないダンナに聞く私は いつも この電車を使っている。しかも乗り場はふたつしかない。




「さぁ・・・どこやろ。。」とダンナ



「とにかく 上や」



二人で階段を上がり見慣れた乗り場を見る






「ああ。ここだぁ」<気付くのがおせーよ(涙)



いつも乗っている乗り場と反対側の乗り場に駆け込む



まずいことに 電車の扉が 閉まりかけており



すでに30センチぐらいになった。



「ここで 乗り遅れたら 特急券がパアーになる」





すごい勢いで 階段を降り



閉まりかけた扉を 両手でがっつりと掴み


思いっきり 扉を左右に 開けて


「は、早く」と呼んだのは



紛れもなく 私(爆)




扉を開けてもらい ダンナも滑り込みセーフ!!!




あれで 扉が開いてなければ 足を突っ込んで いたのは 確実。







火事場の馬鹿力どころか いつもどこでも 馬鹿力でっせ。ふふっ。









読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif







関連記事

| お出かけ | 21:11 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

いろいろ
mi-baさん、いろいろ織り交ぜて書いていきますのでよろしく~☆

| sakko | 2008/05/12 00:00 | URL | ≫ EDIT

え!
嘘のような本当の話ですよねv-362v-364
扉を開けたと言うsakkoさんにポチ!です。
続きを早く読みたいです。

| mi-ba | 2008/05/10 13:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT