>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

受験票

冬休みに 2号の大学受験の振り込みをぬかりなくやっておこう!!と張り切った私。


いつも気持ちだけはすごい。


お正月を過ぎて4日。


午前中に銀行へ出かける。


人、人、すごい人だ。


2号の入学検定料を振り込み、郵便局で送った。


無事、手続きも終わり ほっとした私、スーパーで買い物して電車で帰る


そして 駅に降りたったとき、2号の友達のお母さんに会った。


「久し振り」

「どこへ行ってきたの」

「今日はね、入学検定料を払いに行ってきたらすごい人だったわ」

「ええっ、あれは五日からの払い込みよ」


目の前が暗くなり 倒れそうになる


「。。本当?」


くらくらしていた私を見た@@さんは「早く送ったんだから 大丈夫だと思うよ。大学へ聞いてみたら?」


「ありがとう、そうするわ」


教えてもらわない限り 知る事が出来なかったと偶然に感謝しつつ、これでダメだったらどしよう~!!と月曜日まで不安の嵐。

月曜日に速攻で大学に確認したら「期限ぎれの場合はダメですか早いのは大丈夫ですよ」と答えてくれた。


ああ、よかったと一安心。


そして 先日、受験票が届いた。



一番早い番号が「2」


遅いが「8951」



なぁ~んだ、私と同じような人がたくさんいたんだ。



どうせだったら「2」でなくて「1」が欲しかったな♪







読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


関連記事

| 日々の暮らし | 14:34 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT