>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

あたり年

初詣で湯島天神へ行き 遅い昼ご飯を食べた。

お昼ごはんを食べたお店の近くの公園で骨董市をしていたので 骨董好きの私はダンナと寄り道をした。

骨董に興味のないダンナは入り口で待ち私はぶらぶら見ていた。


見終わって入り口へ戻った時のことダンナが興奮して話す。


「待っていたら カラスが  急降下してきて体にぶち当たってきた」

カラスに体当たりされる人なんて そう滅多にいない。しかも、正月そうそうカラスが当たるなんて 運が悪い。


それが 不運を呼んだのか数日後、出勤で急ぐ朝に 自転車に乗ったおたくぽっい人と


正面衝突して二人とも 倒れ、不運続きのダンナは靭帯損傷し 朝は元気に出かけたにも関わらず 帰りは足にコルセットをつけて帰ってきた

たたりか?!


「一度目が からす次は自転車。二度あることは三度ある


う~ん、次も何かあるに違いない。」 →ちょっと弱気




「どうせ当たるなら 宝くじを当ててよ」


「それやったらええんやけどなー」




そして昨日、職場の新年会から帰ってきたダンナが開口一番に


「ああ、これで全て当たりが出てしまった」



「なになに?」


「新年会の余興で三等が当たった」


「ほっー それで 何が当たったん?」


「3000円のビール券や」


がくがくっ。


三度目の正直が 3000円のビール券か。



ことしも 小さくまとまりそうです、我が家(爆) 




読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



関連記事

| 日々の暮らし | 21:20 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT