>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2号の修学旅行

1日より修学旅行へ行った2号。

修学旅行の前日にお気楽な友達ばかりでカラオケへ行ってそれぞれの親から大目玉をもらい。うちは甘いのでそこまでいかない(汗)


そして当日のこと。


朝の6時から起きたにも関わらず、相変わらずのマイペースぶり。


7時8分の電車に乗るから6時55分には家を出ると言っていたのに何故か45分ぐらいからごそごそしている。


「何してんのよ?」と聞くとぼそっと「軍手がいるから探している」ってアホ。

私が探して渡すと今度は「やっぱ、兄ちゃんの服を借りていく」と探し始めた。

もう50分を廻っている


「沖縄は暑いから長袖なんかいらないよ」と言うといらいらした顔で「お母さんはわからないから、服のこと」だって。


時間がないのに探し始めるから一緒に探すが見当たらない。すると寝ていた1号が「ここにあるから」と示した先にはしわしわになったシャツがあった。

「あんた、しわしわやで、これ」と言うと


ぼっーとした顔で「お母さん、アイロンを掛けると直るかな」さすが、下の子だ。ストレートに言うよりは柔らかく言うほうがいいと判断したようだ

「あほか。あんたは、今、何時やと思っているんや、58分やで、駅まで時間かかるのにそんなことできるわけないやろ、早く行きな」と一喝
すると怒った顔で「間に合うよ」とキレル。

「間に合うわけないやん」と怒ると「いいよっ!!!」と言ってしわしわのシャツをカバンに詰め、ドアをばたんと大きく音を鳴らし出て行った。


中学のときも朝、出かけるときになってからお小遣いが少ないからもう少し欲しいと言い出しダンナに怒られ(実際、少なかった)ふくれて出て行った。

そう言えば修学旅行で2号をまともに見送ったことないなと思い、仕事先から飛行機に乗ったらメールしてねと送ったがいまだにメールない。

2号のことだから楽しい修学旅行を送っているだろう。


お土産が うめぼしのすっぱいまんでいいんだけどな(笑) 


ところで小学校からずっと一緒のお母さんから朝、電話があって「羽田までどうやって行くの?」と聞かれ「電車」というと「それはわかっているわよ、何線を使うの?」「さぁ?なんでも現地集合らしいけど」「しおりには@@って書いてあったけど」

・・・・・しおりに目を通してない

「どうやって行くんやろうね?」「今、そこに@@君いる?悪いけど聞くいてくれない?」

「あんた、どうやって行くのよ?」


「@@が調べてくれた」

「00さん、友達が調べてくれていくらしいわよ」

「モノレールを使うか聞いて」

「モノレールを使うの」

「多分」

「モノレールを使うみたいよ」


「それよりも違う行き方のほうが早くていいのよ、でもうちの子どもが聞かないので電話をかけたの:」


「高校生なんだから任せたらいいんちゃう」


「でも」


「大丈夫よ。行くわよ」

「そう。。」


その言葉には@@さんに言ってもダメだったかって諦めがあった(笑)


むこうはいろいろいつも気を廻しすぎて心配になり私に聞くんだけどたいがい、私は知らなかったり「大丈夫よ、~やから」で終わりだ(爆)

大学も同じところへ行こうって言っているみたいだからまだまだ続くようです。この関係は

ってことであきらめてください。あたしに確認するのは(再爆)

 人気ブログランキング←クリックお願いしまぁ~す

関連記事

| 日々の暮らし | 10:12 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT