>

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

次はどんな手かしらん

洗濯物を干していたらなにやら人の気配にびくっ


振り返ると小学1年生ぐらいの女の子が立っていた


こわっー!


「ど、どうしたの?」

「いや~、おばちゃんの家ってどんな家かなと思って」

「そうなの」


「おばちゃん、遊んでもいい?」


「ご、ごめんね。おばちゃん、家を片付けないとだめだから」


なんでも下に赤ちゃんが出来てお母さんがかまってくれてないようだ


しばらくして今度は妹を連れてきた


「まだ、掃除ができてないのよ」


「そうなの」残念そうだ


ピンポン攻撃のあと、再度来てダンナが「もう夕方だから帰ったほうがいいよ」で帰った


昨日、お昼ご飯を作っていたら


やってきました。

姉が一人で


優しく応対するダンナに「これ、書いたの」と紙を渡してあっさり帰った



そこには子ども特有の女の子が二人書かれていて端っこに苗字が書いてあった




「@@さんって言うんだね」ダンナと見る



来週はどんな風にたずねてくるんだろう?



怖いような楽しみなような週末だいっ。



 人気ブログランキング←お祝いプチお願いしまぁ~す!
関連記事

| 日々の暮らし | 23:30 | comments(3) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

miton30さん、お菓子の香りでもしたのかしら(笑)子どもが小さい頃は近所の子どもがよく遊びには来ていたんですけど懐かしい感じでした

>kikiさん
おひさです。
子どもって「このうちはいける」と思ったらどんどん来るのわかります<経験済み

そのときも「おばちゃん、喉が渇いた」って言ったので「おうちで飲んでおいで」と言ったんだ(汗)

不用人に知らない人の家へ行ったりする危険性も合わせて今度遊びに来たら話してあげようと思っています

うちの子どもたちは知っている人の家へはバンバン遊びに行ったけれど知らない人の家へは自分から行くこともなかったなぁと

| sakko | 2006/07/01 10:44 | URL | ≫ EDIT

それは。。
sakkoさん、本当にお久しぶりです。
その子。。。ほとけごころを出して遊んであげたり家にあげたりするとあとあと大変なことになりますよ。
どんどん図々しくなっておやつをねだったり「どうぞ」と言われないうちからずかずかと家に上がったりするようになりますから。。(私、経験者です。)
まぁ、絶対にそうなるとは限りませんが。。。

| kiki | 2006/06/30 12:33 | URL | ≫ EDIT

sakkoさん宅には優しいオ~ラでもただよっているんではないでしょうか???不思議な出会いですね。微笑ましくて、ホッとします。

| miton30 | 2006/06/27 12:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT