>

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

1年の終わり

IMG_8635.jpg

大晦日。

一年の終わりの夕方、とっても綺麗な夕焼けが出ていた。

空はいいなぁ。


見上げるだけで 癒してくれる。


色々あったけどいい年だった。



ブログを読んで下さっている皆さん、良い年をお迎え下さい。そして来年も懲りずに遊びに来てね<ペコリ










読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


スポンサーサイト

| 日々の暮らし | 20:56 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

目が点!!

珍しく 家の掃除がはかどり 一段落したので 買い物へ行く。


そして買い物がてら 回転寿司を食べることになった。


1号はあれほど お腹が空いたと豪語したにも関わらず ペースが遅い。


入る前から ここは高いって気にしていたので セーブしているのかと思い「遠慮せんと食べな。お母さん、お金を持ってきているから!」


・・・お金を持って食べに来るのは当然だろっ!<一人突っ込み


それでも気になっているようで


「俺、皿が幾らか見てくるわ」と言うなり



ささっ~と  皿の値段を確認しに行く。



戻って開口一番が「お母さん、この皿が一番 高いわ」とさっき 食べた皿を指差す。



あれも これもと気にせず 食べることが出来ない1号。


自分からは高いものを食べないので 「大トロ食べたい?」って聞くと「そうやな」と控えめに答える。


そこまで 食べるものを気にせなあかんて 可哀想なうちですわ。


そして その後、ヨーカ堂へ行き 買い物だ。


1号は駅で2号と待ち合わせ一足先に家に帰る



私は こまごましたものを買いに 各階を回る。


そしてだ。


靴下を買い、レジでお金を払う。


レジには 若いお兄ちゃん。


「〇〇〇〇円です」


「はいっ」と 渡した手には 〇〇〇ンが


ぎゃあっー!!


しっかり見られてしまった(涙) なんでもかんでも 無造作にやっている報いかしらん(更に涙)





ううっ。。。。


ううっ。。。。



なんで 私ってこうなのぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおぉ~~!!



アホーアホー <どこかでカラスが鳴いているようで~す





読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| sakko編 | 22:36 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありえないちゅーの!!

「このジャムの中身は何?」


ダンナが 瓶を差し出して私に聞く



IMG_8615.jpg



「ああ、それには ふき味噌が入っているのよ」


「ええっ~!!!ジャムと違うのか」とおののくダンナ


「ど、どうしたんよ」


「朝、ヨーグルトに入れて食べていたんやけど どうも 味が おかしいなぁと思って。でも、ジャムの瓶やし ジャムと思っていたのに ふき味噌やったんや・・。道理で味がオカシイわけや」と妙に一人で納得するダンナ。



道理でって あんた



中身を見たら ジャムと違うってことわからんのか



IMG_8616.jpg


つーか、見ても舐めても 味噌以外のなにものでもないやろっ!


と言う妻は 最近、ダンナより 少し 起きるのが遅くて 何を入れて食べているのか知りませんでした。



そやけど ヨーグルトに ふき味噌ね~



あははっ(笑)<いい妻でぇ~す



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

| 日々の暮らし | 20:47 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロールケーキ!ロールケーキ!

クリスマスは仕事。疲れたのでクリスマスケーキを焼くのはやめておこうと思ったが 冷蔵庫に苺も生クリームもある。

苺が傷んでしまう、生クリームがもったいないの もったいないないないで急遽、夜の10時からロールケーキ作りだ。


ロールケーキをふっくら 柔らかく焼けず いろんなお菓子の本を借りて焼いてみたがもうひとつだった。

で、今回、オリジナル配合で焼いたロールケーキが 意外にも成功しふわふわでしっとりで今までになく大成功!!

レシピは→ここを見てね

IMG_8605.jpg



ふふっ。


「ねーね、食べたいやろっ。」


「今日はいいわ、明日 食べる」と言った1号に


「いや、今日のは美味しいで 食べたいやろっ」←洗脳状態



「そうやな、後で食べるわ」


ころりんこだ。


「冷蔵庫で30分は寝かすから 後でね」とお預けにする。



ほどなくして 2号が帰ってきた


「ロールケーキを焼いたよ、食べな」次は 2号の洗脳開始だ。


「いやぁ、太るから 明日でいいわ」


「大丈夫!美味しいから今日、食べな、ねっ!!」


「じゃあ、食べるわ」

これは お菓子には目がないから即ころりんこだ。


寝かせておいたロールケーキを夜中の12時に切り始める


つーか、明日も仕事なのに何をやっているんだ、私。


おおっ、苺の入れ方は失敗だったけれど ふわふわで超満足。


IMG_8611.jpg


「おおっ~美味しそう!!」←自分で自分を褒める

普段はうるさい小姑の1号も「美味しいわ」と いつになく 素直だ。


「ねーね 明日も食べたいやろ?」


食べた後は 明日の確認も忘れない 几帳面な母でした<迷惑ちゅーの!(1号談)




読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

| 手作りのお菓子とパン | 20:57 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほんまかいな

うちの子たち、親の教育がよく 母親のことを「豚骨」と呼ぶ(涙)



私がお風呂から出た後、お風呂へ入った2号が


「お母さん、ぬるっとしているで」と言うので


「ええ出汁 出てるやろ、ラーメンの麺を渡してあげようか。お風呂入りながら ラーメンを食べれるで」


「ええっー、遠慮しておくわ」 




からかった後、パジャマ姿でパソコンにむかい、ブログを書いていたら


2号が無防備な私のお腹を見て


大きな声で


「そっかぁ、俺には弟ができるのか!!



弟が出来たら バスケットを教えてあげよう」




ふ、ふんだっ!



弟も妹も 生まれませんからっ!!<きっぱりこ



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

| 日々の暮らし | 21:22 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ローストチキン

クリスマスイブのローストチキン作りは、昨年からだ。


最初、鶏を触るのも気持ち悪かったけれど 二回ともなると慣れてきて皮ににんにくをすりこむ作業も 撫でるように出来るのだから慣れって不思議なもんだ。

にんにくをすりこんだら塩胡椒を皮にもお腹の中にも万遍なく振る。

下味をつけたらその間に ピラフを作り お腹の部分に詰める。どんぶ一杯に盛ったピラフをぎゅうぎゅうとお腹に詰めていき詰め終わったら 楊枝でふさぎ 230度のオーブンで1時間~1時間10分ほど焼くと出来上がり。


IMG_8594.jpg


今回、 ジャガイモやら小さいたまねぎ、ブロッコリーとかを買い忘れたので皿に乗っているのは鶏だけ。野菜が回りにないと、ちょっとグロテスクな感じ。

付け合せはたまねぎと林檎、サラミとチーズのグリーンサラダ。

さぁ、食べよう!!と声掛けても

1号は彼女とデート。

2号は塾。

こどもたちはいなくダンナと私だけ。寂しいもんだ。



鶏を切り分けて 


IMG_8597.jpg



ダンナが「@@がいたら 今日は喜ぶで」と言いながら口にほおばる。 久々の手の込んだ料理のせいか 嬉しそうだ。



食べ終わった後も「今日は 本当に美味しかったわ」といつになく 褒めた。



普段、ろくなもんを食べさせてもらってないだけに かなり美味しかったみたい


・・・・・・かわいそうなダンナです<ぼそっ



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 23:28 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

非常事態!!!

IMG_85551-1.jpg


昨夜、仕上げたリース




昨夜、リビングの照明が斜めになっていることに気付き 先ほど ダンナが電気屋へ行った。


なんで 取り付けるときに 自分でできるか どうか 判断してないんだよと 照明もなく 薄暗い部屋でいらいらした私は こんなときは歌でも聴こうとパソコンを立ち上げた。

容量が多いので 音楽関係は別のハードデイスクに落としている。


スイッチを入れた瞬間、がたがた


ぎゃあっ~



ハードをデスクから落としてしまった 壁と隣接しているせいもあって 下に落ちる手前でぶらぶらしている



ああっー、今度こそは壊してしまったなと涙がちょちょぎれそうになる



買ってまもないときは 本当に床に落としてしまい、だめだった思ったら作動した。


ハードを見ると アクセスの赤ランプがついている。



こりゃ、あかん!!



電源を落としてみたら 今度は電源が入らず 繰り返してみたが状況は同じ。


1号のビデオ、家族の写真、歌・・・。



2号になんて言おう。。。。


気を取り直してもう一回、見てみようと ハードを手に取り、電源を入れるがつかない。

電源のスイッチ部分を見ると USBを接続する箇所があった。


ああ、さっき、パソコンの裏にぶら下がっていたUSBはこれだったんだと気付き



差込んで 電源を入れたら 何事もなかったようにつきました。


つーか、USBが抜けていただけだったようです。なはは(笑)





読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 11:13 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

大きな疑問

昨日の夜の、塾から帰ってきた2号が嬉しそうに


「俺、中学校の時のアルバム製作のランキングであまり載ってなかったんやけど


今日、ちょっと見たらさ」


話しながら 顔がほころんでいる


「彼氏にしたい人、めがねが似合う人、癒し系、勉強ができそうな人、髪の毛を立たせて似合っている人 ランキングの一番に選ばれていた」


 喜びビームが目からきらりと発射される


「でもさ、俺ばっかりだったら あれやから 調整したみたい」



「他には なんかあったの?」



「結婚したい人 ランキング2番目だったわ」

「すごいやん!!

でも、ひとつ 疑問があるんだけど そこまで選ばれて



なんで彼女がいないわけ?」


「う・・ん、俺もそう思う」

「ふふっ」


「ああっー、彼女が欲しい!!!


でも、その前に受験や」

我に戻ったようだ(笑)


合格、恋


それぞれに春が来たら いいね,二号♪




読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 01:09 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショックなこと

いよいよ、明日を乗り切れば 連休。そし週が開け28日まで勤めたら休み!


だからって気を抜いているわけでもないのに 仕事がはかどらず山のようにあり今日は残業をした。

私と@@、○○の三人で残業をしていると


部署が変りまだ 1年も経たない**さんがやってきて「残業ですか」みたいなことを話しかけてきた。


挨拶程度の話を交わしたあと、私たちの名前を覚えているか どうか確かめてみた


というのも15日に忘年会があり二次会も一緒に参加したからだ



手始めに 一番 端に座っている@@をさして「名前をわかりますか」と訊ねてみた。


「はい、××さん」


一瞬、のけぞる。違う人の苗字を言う。


「違いますよ」というと 今度は「@@××さん」とさっき言った人の名前と @@の苗字を合体して言った。


ぎゃはは。


「違いますよ、あはは」



すると まずいと思って彼女の書類を覗き込み そこで@@と判明し


「@@さん」と答えた。



次は○○。これはストレートに答え 私は「@@さんですよね」と自信なさげに答えた。



おいおい、電車で乗りあわせ 駅の改札口を出ても一緒に話したの覚えてないのか。


そこで忘年会で やたら気になっていた様子でしつこく話しかけていた::さんのことを聞いてみると

部署が違い その日、初めて 顔あわせしたにも関わらず


「::さん」と即答した。



「うわ~、初めて会ったのに、なんで?」と聞くと「いや、名前を聞きましたから」と答えたが


忘年会の日、誕生日であった@@は二次会で何度も名前を呼ばれ おめでとうコールされていたが 彼の耳には これぽっちも入ってなかったようだ


奇しくも::さんと@@は苗字の一文字が一緒だ。「その一文字を取って覚えておこう」

って こらこらぁ!!

席を離れたので

ショックにうちのめされた@@と大受けした私たちは また仕事に打ち込んでいたら



彼が来て「@@さん、僕はこれで○○へ行くので 失礼します」と言ったあと


「名前を言っておかないと忘れそうだから」と小声で言った。




確認のための声掛けとわかった@@はますます 深い深い 黒くて深いところにはまっていくのであった。


今頃「やってられんねーよ」とビールを飲んでいる@@の姿が水晶玉を見ているかのように

はっきり見えます。


という彼女も 同じ部署で一緒に働いてる同僚の名前を間違え 信じられないと言われたのであった。

因果応報ってやつ?


うそうそ


明日はきっと覚えていると思うよ。。。


苗字の一文字だけは(笑)


つーか、明日、これを読んだ@@に首を絞められそうで怖いっす。


命がけのブログ なんちゃって。ますます怒らしたかも(汗)



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 21:18 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の廻りのレアな人

ちょっと 天然でレアな人。


なんといっても私かな(涙)


思い起こせば 台風のことを「台風一家」と 家族で呼ぶって面白いなぁと最近まで思っていた。うえ~ん。


先日、2号と隣同士に並び、パソコンで志望校の大学情報を見ていたら2号が私に


「お母さん、腕、腕」



「わかったよ、太いって言いたいんでしょう」


「違うよ」


「はいはい、あんたは細いわ」


「だから、違うって」



「何よ」


「見てみ、腕を」


腕を見ると いつのまにか 腕に赤ペンで 大きく「ブタ肉」と書いてあった。


い、いつ、書いたんだ。


全然、気付いてなかった自分が恐ろしい。。。。。


そんな2号は台所に置いてあったブタの角煮の脂の塊をみて「お母さん、随分出したなぁ」と感慨深げに私をみつめたレアな奴だ。



そして@@。

嵐の松本潤のファンでもなく どっちかと言うと引いているほうなのに 最近、テレビで嵐の歌を聞いて以来、歌と踊りが頭にこびりつき 仕事も頭に入らない。

今日は車で目的地へと向かっていたが 嵐の歌が頭中にこだまして道を通り過ぎてしまったそうだ。 


その様子をお昼休みに話してくれるのだが 頭の中でこだましているせいか「ソーソースイ♪」って口ずさみと椅子に座ったまま 上体をくるんとねじっていた。


レアちゅーよりは イタイ奴かも。へへっ。



極めつけは ○○



さっき 出した書類に目を 通し 「ところで これは最近、提出したの?」だって げげっ。



レアを通り越しミデイアムになっているようです。



おい、○○こっちへ戻ってこーい。ってか(笑)





読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 22:05 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

猛獣使い

兄弟って かなり性格が違う。

長男の1号はかまってほしいほうで わざと体をふつけてきたり (だから@@にマザコン疑惑を言われる)


それが高じると 私の お尻を軽く蹴ったりするのでむかつく。

昨夜、
また、ふざけて蹴りを入れてきた。


「このあほっ!痛いやろっ!」怒りをあらわにして怒った。


怒りを少し 見せると 「ああ、怒ってんだ」と伝わるらしく そのあとは 絡んでこない。



そして 夜 遅く 2号が帰ってきた



「ねーね、大学はどこにしたらいい?って先生が言っていた?」


「今のまま、頑張ったら @@へは行けるって先生が言ってくれた。で、〇〇にチャレンジするなら ほにゃららのほうがいいって言われた」



「そっかぁ、じゃあ、受けてみなよ」


ここで小姑1号が「お前、受かるかどうか わからんのやったら やめておけよ、もったいない」


・・・・・彼女との長電話に使うお金は もったいないとわ みじんこも思わない1号くん。


「・・う~、、ん、俺も別に受けたいとは思わないけれど」



兄ちゃんに強く言われると 自信のなさも加わり 弱気になる


ここで1号に「何を言っているのよ、受けたらいいんだから あんたは口を出さんといて」みたいなことを言えば 逆効果になっているのは火を見るよりも明らかだ


「@@、あんただって クラブ頑張ったやん。中学から高校へ行って@@部に入るって言ったら、無理だとか 無謀とか言われたやん、でも、あんたは頑張って@@へも行ったし どうのこうのと」説明すると


納得したのか。黙って聞き、何も言わなかった。


逆に機嫌が良くなり 英語の問題を弟に聞いていた(涙)



ふふっ。



反対意見を言っていたのに 母の説明で ころりんこ。









苦節@@年で私の猛獣使いも  どうやら 板についてきたみたい。やっほほ。






読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 23:34 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

にわかファン

仕事の帰りに 友達と駅の構内で話をしていたら お相撲さんが通った。

見た事あるな~と思っていたら 友達が「さっこ、ねーねー、今の人、お相撲さんで有名な人、ええっーとええっーと 」出てこない

「やっぱ、そうだよね。追いかけてみようか」私

ファンでもないのに ミーハーの血が踊る。



みんなはちらっと見るけれどそれ以上の反応はあまりない。

ぱたぱたと追い掛け始めると 前から歩いて来た女子高校生の二人連れも追いかけ始めた。


「ねーね、誰だったけ?」



「う~んと、白鵬じゃない?」


「違う、あれはモンゴル人だよ」



ちなみにうちらが見た人は金髪の人だ


「確か、東欧の人だと思う」


そんな困った二人であるが 追いかける




エスカレーターで追いついたので 勇気を出して付人に「すみません、写真を写してもらえませんか」と聞くと


「写真はだめです。一人写すと他の人からも言われるので」




・・・・・気をそがれた ええん、内気なので次は言えないよ~ってことでバトンタッチですわ。



「@@、次は言って」



「うん!すみません、握手をしてもらえますか」



「いいですよ」力士が答える 


手を差し出したときに 顔がずっと上のほうにあり(それだけ 上や)見上げる


大きい人だな、それにテレビと同じ顔していてかっこいいなと思っていたら@@が「頑張ってください」と声を掛けた




うん、こりゃ、出し抜かれたと思い、私も「頑張ってください!!」と言った。




私たちが口火を切ったようで周りの人が握手を求めた。



それを遠巻きに見ながら「ねー、ねー、誰だったけ?名前は」


「う~ん、う~ん、誰だったけ?でも、感じが良くてファンになっちゃいそう」と@@




キムタクファンなのにすぐ、これだ。



と言う私も とっても気に入ってしまった。なはは(笑)



 ダンナにその様子を知らせ 名前がわからんとメールをすると 「それは琴欧州だよ」と返事が来た。



そうだ、そうだ。


琴欧州だった♪東欧だけは合っていた。


琴欧州はでっかくて そして 優しそうな目をしていた。





「頑張ってくださいね!」

改めて ここでも応援しておこう!



byにわかファンのミーハより







読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| sakko編 | 23:18 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

彼女のひとこと

大学のクラブが休みになり 友達との飲み会にいそしむ1号。


食べたり飲んだり それに加えてもともとお菓子好き。


ブーブー。


今日、授業が終わったあと、教室にノートを忘れてきたと めっちゃがっかりしていた1号はその思いをMixyに 書き込みながら


思い出したように 


「俺さ、


彼女に


夏は 痩せていてカッコよかったのに
  


今は 雪見大福みたいって言われたわ」



がはは。



ゆ、雪見大福か。



ぎゃはは。



ええこと言うな~彼女。


「雪見大福ってどの部分を見て言ったのかな」



「顔。顔がぽっちゃりしてきて そう見えたらしい」



「確かに顔が丸くなってきているわ、兄ちゃん」とうなづく2号


まぁ、アンパンマンよりは ましちゃうか、1号(爆)


いや、どっちも どっちもか、ぎゃはは<1号にブタの角煮と言われたことを根に持つ母



読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 01:11 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘年会

昨日は職場の忘年会。


乾杯して やっと飲み始めた中、一人だけ乾杯と同時に誰よりも先にジョッキーに口をつけていたオンナ一人。

しかも、会場へ行く前に プロントに寄ったのだが、「ああ、早く飲みたい、コーヒーなんか飲んでいたら酒を飲む事ができませんよ」言い放ち 一人だけウーロン茶を飲んでいた。

もうじきしたら 塩を舐めて酒を飲んでいるに違いない。


会場はちょっと狭く 満員電車みたいだったけれどいろんな話が聞けて楽しい。


席は二つに離れており むこうの島に@長がいる。

「そろそろ 呼ばないとご機嫌を悪くしているから @長を呼ぶぞ」と@@さん


仏頂面だったと言われる@長を前にして サービス満点で話す私たち。


酒も入っているせいか、話が脱線・脱線。


困ったもんだと思いながらも


普段と想像つかない発言にこっちも驚いたり大声で笑ったり。


最後、閉めの言葉が「@@さん(私)の笑い声が とってもよく聞えていました。@@@」後は声にかき消されてわからんかったけれど 笑い声はいいみたいなことを言っていた<人の話をよく聞けよ、私。


それにしてもそんなに鳴り響いていたとは、どんだけ 大きな笑い声なんだ、あたい。



その後、二次会でカラオケに流れ込み 歌いまくり今日は声がかれている。


最初は気が乗らなかった忘年会だけど 出てみると とっても楽しかった。


普段、私的な話をする機会がないだけに こういう交流は大切だな。


職場の連帯感、楽しく働ける職場作りって本当に大切だと思う。仕事で疲れたとき、同僚、上司からの優しい言葉や職場に温かい空気が流れていたら それだけで疲れもぶっ飛ぶ。


さぁてと 次は仕事じまいの会だわ。うきうき♪


どこまでも どこまでも 賑わいが好きな奴で~す。







読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 職場 | 14:14 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウイルコム

彼女との長電話で釘を刺された1号。


九時からは無料通話だったけ?ウイルコム携帯電話を買いに行ってきた。


思い起こせば 高校生の頃、あまりの長電話にぶちっと切れた私は長電話中に電話線を抜いてやった


ははっは


それで二人の間にひびが入ったかは定かではありましぇん。


「お母さん、買ってきたわ。これで長電話の携帯料金も抑えられるし。だけど、俺の友達はみんなウイルコムを解約したわ」



「なんか あったんちゃぅ。実は安くないとか」


「違う。みんなオンナいない奴ばっかりだから。


ふふっ。俺の電話は これから女の子から電話がかかってきてうるさくて仕方ないと思うわ。


じゃんじゃん。ふふっ」




ふふっ。と笑って二日目だけど じゃんの「じ」どころか



とーても とーても とーてもおとなしい携帯電話で~す(爆)



いらないんじゃないの、その電話<あっかんべーだ




読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 00:18 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

そんなこと、ありえません!!てばぁ

電車通勤している私。


通勤時、椅子に何人腰掛けているかが気になる。


七人がけに微妙な空間で6人で座っているのを見るとその間に座りたくなるという話をこないだ忘年会の席で話したら


総武線で通っている友達が先日、ありえない出来事に出くわしたと話し始めた。


50代のおばちゃん二人が座っている席の間に微妙に隙間があった。


そこへ同じような年齢のおばちゃんが乗ってきた。

すたすたと歩いていき、そこで何をしたと思う?って聞くから @@さんが答える。


「お尻でこじ開けて座ったんでしょう。@@さんみたいに」←私のことだ、あはは。


「違うのよ!


そのおばちゃんは何を思ったのか、二人の女性の膝の上にまたがって座ったのよ」



げげっー。有り得ね~


二人のおばちゃんの膝の上に乗っている これまたおばちゃん。


親亀の上に♪小亀が乗って♪~でもあるまいし



しかも 乗られているほうはむっとしていただろう。


おっそろしい光景だ。怖いよ~(泣)


「乗られていたほうが立ち上がったの?」


一人が聞く。


「それがね、立ち上がる事も退くこともなく そのまま膝に乗ったまま二駅ぐらい通過したのよ」



周りの人はどうしたかと思えば しーんとしてみんな見ない振りしていただけに余計に異様な光景だったらしい。



ねーねー、乗ってきたらどうする??


「立ち上がるわ」と一人


「私も」とまたひとり。


う~ん、う~ん、わたしだったらどうするかな。


席を譲るのも癪に障るから 


取りあえず 背中を突き飛ばしておこか(爆)






読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif




| 日々の暮らし | 21:39 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

超スキンシップ

喧嘩も激しい分、じゃれるのも半端じゃない我が家。

ちなみに職場の@@からは「ちょっとマザコンじゃないっすか」と怪しまれている1号。

日ごろから口が悪い。

態度でかい。


休みの日にダンナがばたばた手伝ってくれている傍でぼっーとコミックを読んでいた。


「@@、トイレに漫画の本があったぞ!どっちが置いたんや」


「ええー、俺」


「トイレに漫画の本を置くな」



・・・・・ちょっと前にトイレにトイレ専用のコミックを置くと私に言うので許可したのは私だが口を挟まず黙っていた。


てへっ。


「あのままにしておいたら捨てるぞ!」



「ふ~ん」反応がない。



つーか、そもそもトイレに新聞を持って読んでいたダンナの真似をしてトイレに漫画の本を持ち込みだした。


兄ちゃんが持ち込むから弟も持ち込む



こども達が真似をするから トイレで新聞を読まないでと私が注意したにもかかわらず 鼻であしらっているからこんなことになるんだと思いつつ そこはそこ。


廊下にダンナが出たのを見計らって のんきに漫画を読んでいる1号を上から羽交い絞めにして逃げようとするのをがっと捕まえ


「お父さんが注意しているのを聞いてないのか、ちゃんと聞かんか」


1号の股に足を入れて股割きしながら


「どうだ、参ったか」

「ううっ、ひひっ」<技をかけられ もがきながら笑う



「ううっ、力が入らん。お、オンナじゃね~!」



「注意されたら返事をせんか」



「わかった」



1号の体から離れ ソファーから 呆れた顔をして遠めに二人を見ていた2号に向かって



「こんな親子、あんたが知っている友達の中で誰もおらんやろう」得意げに言うと 


「うん、こんな変わった親子、だれもおらん、うちだけやと思うよ。それに こんなお母さん、他に聞いた事も見たこともないわ。」




ふふっ。何を言ってるのよ。


プロレス並のスキンシップ、これこそが我が家流のスキンシップちゅーの!


技をかけるかかけられるかなのよ、2号!



でも、そのうち、お母さんは張り切りすぎて骨折するかもわかりません(涙)

あ、いたたっ<いろんな意味で(笑)



きゃあー!!33位でした。読んでくれてホンマありがとう!ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 23:28 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来予想図

12月07日は1号の誕生日。

家でささやかにお祝いしようと思っていたが 案の定、彼女とデート。


家に帰ってきて大きな袋からケーキの箱を取り出し 「彼女に作ってもらった」とひとこと言うと

半分残っていた苺のケーキを一口、食べ始めた


「ねーねー、美味しい?」

「う~ん、お母さんのとはまた違うけれど」


ひとこと、私に「食べる?」と聞いてくれるかと思ったが声も掛けてくれなかった


そのあと、2号が帰ってきた



「おおっー、兄ちゃん、ケーキか。彼女に作ってもらったん?」


「そうや」


「ええなー」


「@@、明日の朝、このケーキを食べたらいいで。〇〇が@@に食べてほしいって言っていたわ」


「そっかぁ、ありがとう!!」




・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・



母ではなくて 弟に食べてほしかったのね(涙)




苺ケーキの上にちょこんと乗ったチョコには「大好きな@@誕生日おめでとう」と書いてあった


ごっつあんです!<負け惜しみ母






ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 23:36 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

神の手雲

沖縄 神の手雲



職場の友達から送ってきた一枚の写真にびっくり。よくよく 聞いたら 悪質な合成写真とのこと。これを廻したら幸せになりますとうたい文句のチェーンメールが廻ってくるかもしれないので気をつけてくださいね。










ぽちっと押してちょっ!
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 11:40 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月