>

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

うまいっす!?

今日、出かけ先で話を伺っていたときのこと



ぶ~んぶ~んと蚊が飛んできた



私を含めて女性が三人。


ぶ~ん。


私の腕に止まった。



止まった瞬間、横にいた女性が気づき 叩こうとしてくれたが


私のほうが早かった。



さりげなく 腕の蚊をつまみ また 話を聞いていたら



また、また、飛んできたよ、蚊が。。。



話よりも蚊が気になってちらっと見ていたら



蚊は私たちの周りを飛び、前の女性に行くのかと思いきや


「や~めた!」みたいな感じで


また、私の腕に止まった。



またかいっ!と思った瞬間、私の前に座っていた女性がパチンと私の腕を叩き、蚊をしとめてくれた。



三人、いてるのに、なんで私なんだぁぁぁぁぁぁ~


職場に戻ってこの話をすると


「そりゃ、そうよね、どう見ても美味しそうだもん!」とみんな。



グルメな蚊だったのね、私を選ぶなんて。うふっ。




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


スポンサーサイト

| 日々の暮らし | 22:46 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

たとえるなら

襟足を長く伸ばしていた1号に


「短くしな」と言いまくったのは母です。


「俺は、短いのが似合わないからいやだ」って言っていたにも関わらずイメチェンをしたくなったようでばっさり切ってきたのだが

てんてん。。。


寝ていた1号が横を通りかかった私に「お母さん、切ってきたよ」とVサインした。


(そのときは髪型が見えなかった)


ほどなくして起きてきた


横の髪は切りすぎて刈り上げ状態。真ん中部分は立たせていて


けったいな髪型。


「どう?」


「うん、ええやん」→気遣いの母


「ソフトモヒカンにしたわ」


「えらい、いかつくなったなぁ」→コメントしようがない母



それから2号が帰ってきてお風呂へ入り、続いて1号も入った。


お風呂から出てきた2号が私にぼそっと。


「なんか、面白い髪型しているな、兄ちゃん。パイナップルみたい」



「こらっ、兄ちゃんに聞こえるで」



「兄ちゃんも、俺におかしいか?って聞いていたから気にしているんちゃうか」

「@@の美容室に変えたらいいのにね。兄ちゃんも」



「あ、そうそう。お母さん、俺、美容室の割引券があるからあげるわ。そこで髪を切ったら次に俺も安くなるし」


「う~ん、ありがとう、でも、兄ちゃんにあげたら」



「いや、もう生えてこんかもわからんからお母さんにあげるわ」



ぶわわっ。



二人でくすくす笑い。




パイナップル頭は 今晩、その頭でオンナの子と飲み会。


凶と出るか、吉と出るか。



どっちだろ。楽しみだわ~





ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 20:17 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

精神年齢

彼女と別れた1号。


暇になると 2号か私にじゃれる。


飲んできて(またかいっ!)いい気分でソファーでごろごろしていたら


来た来た。


来たよ、暇1号。



じゃれても猫ならかわいだろうが 軽く手足をジャブしてくる


「い、痛いやろっ」と蹴り返すが届かない


「あっちへ行け、@@に相手してもらいなよ」


「いや、俺はいい」きっぱりと2号


またしても軽く私をジャブして来る


「しつこいなぁ、そのしつこさが原因で別れたんちゃうか」



何故か 動きが緩慢になる、図星か(笑)


母がダメと見た1号、今度は2号に絡む



「兄ちゃん、俺、忙しいんやから」

そんなこと言って「わかった、ごめんよ」と言うようなやわな1号ではなく



とうとう、二人で 力比べが始まる



両手をぐっと二人でつかみ合い、どちらが優勢になるか競うんだけど


長引きそうだと思った2号


「兄ちゃん、俺は大人だから 負けてあげるよ、ほらほら」


そう言って わざと負けた。



う~ん、さすが、人と揉めない2号。


母も見習おうっ。





ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 22:54 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝の会話

どうでもいいんですが、毎朝、会うたびに携帯電話で話しながら歩いているオンナ、


「あんた、話をしていないと 歩けないのか」


まぁ、それはおいておいて、よっこらしょ。


朝、自転車置き場で耳にピアスをした男の子が 駐輪所のおっちゃんに


自転車を置きたいと言った。



「ところで、君は 中学生?それとも 高校生?」大きな声でおっちゃんが聞く


「大学生です」



男の子は 静かであるが きっぱりと答えた。



おっちゃん、中学生はないんとちゃうか、中学生は


あの子、可哀想にと思いながら ちょっと楽しい会話だった。






ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 23:24 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

脳内メーカー

今、流行っている脳内メーカーをやってみた


わくわく♪ わくわく♪

アクセスが集中しているため、時間が掛かる。


出てきた、出てきた

ええっ~!!!!


うそうそ。



そんなに私って 私って


脳の周りは悪ばっかりだった!



悪の真ん中になんかひとつだけあったが忘れた。。


そりゃ、そりゃ、きつい言い方するし 決していい人でもないが


こう見事に悪だとは 絶句もんだぜ。



悔しいので 今度は 苗字と名前の間に ひとつスペース空けた。

がび~ん。。。



どこまでも~♪<って昔、そんな歌あったなぁ。


脳の外側は 欲で囲まれ 中身は遊びで詰まっていた。



欲はともかくとして遊びしか考えてないって言うのは悔しいけれど


当たっている。



これって 侮れないかも、うん。


ちなみに 苗字と さっこふだと 愛でつまりその中に休があった。


素敵~☆


よし、これからは さっこで通そう!


続いて ダンナだ。


ダンナは スペースあけてすると 脳は嘘で埋められていた


ううん、なるほど。偽善者か(爆)


やっぱ、騙されて結婚したんだわ、わたし(笑)



かなりのアクセス集中でつながり悪いけれど試すと面白いかも



脳内メーカー




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif




| sakko編 | 22:04 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

睨み合い

今日のこと 職場の同僚が


道が混んでいたので 抜け道を通ったところ、狭い道でおじいさんと30代前半の男性の車が出会い、どちらかが道を譲らないと通れない状況にあったが どちらも一歩も譲らず 睨み合い


しばらくして お互いに外へ出て話しをしたものだから これで 譲り合いするのだろうと思っていたら そのまま膠着状態は20分続いたそうだ。


お互いの後ろには後続車があったそうだが 誰も注意することなく待っていたそうだ。


最後にしびれをきらした若い男性が道を譲ってことなきを得たそうだが


。。。。


なんとも 


いっとき、同僚の後ろの男性が注意しようかと声を掛けてくれたそうだが 「このご時世、刺されるかもわからないから やめましょう」と引き止めたそうだ。


昔、川へキャンプへ行くときも同じことがあり、友達のダンナとうちのダンナが注意したら逆ぎれされたことを思い出した。


あのときもかなりの車の列があったが 私たち以外、誰も注意する人はなかった。


注意して目を傘で突かれたり、ホームの柱に打ちつけられたりとした事件が続く。


ストレスというよりは お互いに注意したり されたりしながら 


生活を共存していくという習慣がなくなったからじゃないだろうか。


あくまでも 個人なのだ。


仕事でも そういう自分の都合ばかりをやたら訴える人に会うことがある。





見て見ぬふりをしないと被害を蒙る、つくづく生きにくい世の中になったなぁ・・・・・



ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif




| 日々の暮らし | 23:29 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

パック

同じ職場のビュテイアドバイザーに勧められてアルビオン化粧品を使っている。


今まで試したなかで一番、相性がよくてこころなしか肌も綺麗になってきた私はアルビオンの化粧品売り場で買い物するときに 必ず 水分と油分のチェックをしてもらう。実は密かな楽しみともなっているのだ。

今回、毎晩、毎晩、化粧水パックをしてかなり自信があったにもかかわらず 水分は67%、しかも油分に至っては48%と低い。。。



ええ~ん(泣)



化粧水のあとのクリームに問題があったのかしらん。。。


で、今日、化粧水パックをやっているけれど 恐ろしく化粧水が減るのが早いとうちの職場のビューテイアドバイザーに報告したら


「まず、コットンを水で濡らし 軽く絞ってから化粧水をつけてる?」


「げげっー、そのまま化粧水でコットンをぬらしていたわ」


「それじゃあ、すごく減るよ」


なるほど。



始めに教えてもらっていながら すっかり忘れていた私。



相当、めでたい奴です(涙)




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif




| 日々の暮らし | 23:48 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

めくそ鼻くそ

久々に行ったバスケに中学時代の先輩が来ていたと2号

「@@先輩、一段とカッコよくなっていたわ。髪も茶髪にして軽くパーマを掛けていた」


「そうか、もてもてやろうね」


「合コンで女の子にメールアドレスを聞かれるらしいけど アドレスを教えても返事は書かないよって言うんだって」


かっちょええ~!ここらへんが中学時代と同じでクールだ



「でさ、〇〇大学には可愛い子ばっかりで 楽しいんやって」


ここはちょっと お年頃かな(笑)


・・・某母、読んでるかな?




行っていた学校が進学行だっただけにいまどきの可愛い子はいなかったようだ。




1号が帰ってきたときに 同じ話をしたら



「俺もかっこええぞ」


「いや、@@先輩のほうがかっこよかった」


「お前はいつも 俺を見ているからわからんのや


お前と俺じゃ 月とすっぽんや (なんで 弟と比べるんや)



まぁ、ガマガエルと 



.・・・・・・何とたとえる気だ、1号




ガマガエルと 殿様ガエルみたいなもんや」



がくがく。。。


「兄ちゃん、何、そのたとえ。めくそ鼻くそやで。


ションベンとウンコとどっちが汚いみたいなもんやで」



受験生のたとえが それかいっ!





どっちも どっちやね、あんたら(涙)





ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif




| 日々の暮らし | 23:29 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

くすっ。

2号と一緒にヤフーの動画を見ていたら

宮崎あおいのコマーシャルが出た。


「ほら、@@の好きな可愛い子が出ているよ」


「映画で、 めがねを掛けて出ていたんだけど めがねを外すシーンがあって 外したら めっちゃ可愛くて あれはマジでやばい 可愛いすぎる

で、みんなで 可愛いっ!って叫んでしまった」<やりそうだ、あんたらは




「それでさ、俺もすかさず めがねを外したらさ」


「うんうん」



@@に目が小さくなったぁ~!!


って言われた。」→うちの2号は目が細い



ぶぶっ、うまいことを言うなぁ。



座布団10枚!!




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif








| 日々の暮らし | 22:15 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

花金だいっ。

花金、花金♪


1号の時の友達と待ち合わせて 夕飯は予約した韓国料理屋へ行く。

私は韓国の芸能人をまったく知らないので誰が誰がわからんが店内にポスターが貼ってある

料理はコースだ。


ナムル、韓国サラダ、ダックカルビ、チジミ、石焼ビビンバ、最後はゆずアイス。


沢山、あってお腹が一杯になる。


食事中に血液型の話になった。


「この中でA型の人がいると思う?」と〇〇子


「いやぁ、いないでしょう」


「一人だけ います」


「誰?」


「@@さん」


「うっそー!!」


私の血液型はたいがいO型と言われる


「言いたいこと言えないし」


「うそつき!」


「今度、再検査したほうがいい」とさんざん言われた


そのあと、カラオケへ行く。


最近の歌はさびの部分しか知らない。昔の歌ばかりもなぁ。。と思い、挑戦するが やっぱ歌えない。


カラオケは大いに盛り上がり、最後、メンバーのウサギ踊り



(急にぴょんぴょん飛んで踊りだす)


みんなで涙を流して爆笑。



笑いすぎて声が枯れてしまったよ


楽しい宴は終わり、駅までダンナに迎えに来てもらい、家に着く



「ああ、なんか 中途半端でお腹が空く」聞こえるように子供に言うと

「ちょっと食べたら」と1号


1号が答える前に ご飯をつまみ食いしていたのを2号に見られた


「兄ちゃん、そんなこと言わんでも食べてるで。お母さん、頼むからメタボリックだけはならんといて」



頼まれたよ(涙)


「何を歌ったん?歌ってみ」1号が茶化す


催促されたのでくちずさむと ぎゃははっ、下手くそと笑う


「ふん、今度はYUIのチェリーを歌うもん」


「歌ってみ」と言うので


歌い始めたら



「ぎゃはは、何それ?知らんと歌ってるわ 兄ちゃん、聞いたか」


「聞いたよ、わはは」


二人で私の間違い部分をしっかり歌い 笑っていた。



ふん、こんな難しい歌、歌えるか~!


舌がもつれるちゅーの。


でも、いつか 歌ってみたい きらり~ん☆




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 00:26 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

私を見ると。。。

三ヶ月近くも切ってなかったので髪の毛が伸び放題。

しかも 丸く膨らんでいる。


仕事中、@@さんと目が合った途端、私を見て楽しそうに笑う


「な、何?なに?」


「うふふっ。 さっこの目を見たら わんこの目みたいで面白かった。わはは♪」


わんこですかい。


「そうそう、早く切ってきな、髪の毛。松ぼっくりになっているよ、わんこ」って


あたしは さっこだよ。


帰り道、美容室に寄り じょきじょき切ってもらった。


お風呂上りに化粧水パックしていたら 横に座っていた1号が私を見て笑う


「お母さんを見ていると 笑けてくる。頼むから 人前で 僕のお母さんって言えるようになってくれ!」


「じゃあ、前はましだったことよね?」


・・・・・まだ、痩せていたときに1号の友達たちから 大竹しのぶに似ていると言われた


「ましなとき?そんなことあったけ?知らんなぁ。あはは。それにしてもお母さんは 太っているけれど 醜いデブじゃなくて 可愛いデブやから いいわ。わはは」




最近、私の容姿は ユーモラスになってきているらしい(涙)


ってそんなところで笑いを取りたくないぞっ~!





ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif

| 日々の暮らし | 23:49 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラダイス

仕事の帰りに@@が今度、行くカラオケの下見をしたいというので友達と一緒についていった。

ここは卓球台やらお風呂があるカラオケだ。


すすっと 下へ降りていく。

通路の脇に水が流れている、すごい~。


@@がどんどん奥へ行こうとしたときだ、店員に引き止められた。



そりゃ、そうだろ。受けつけで何も言わずにどんどん勝手に奥へいく人を見かけたら 誰でも止めるだろう。


「あの、見に来たんです」平然と答え、そのまま奥へ行こうとする@@
<どぶとい奴です。

「まずは受付を」

「今度、来るので今日は下見に来たんですけど部屋を見せてもらえますか」と まともに言ったので 店員もほっとしたようで


「いいですよ」とあんないしてくれることになった。


まぁ、色んな部屋があるわ、あるわ。


まは卓球台のある部屋に歓声を上げる私たち


「これ、もしかして丸見えですか」私

「いえ、薄いカーテンを引くし のぞき込む人はいません」

熱帯魚がすいすい泳いでいる水槽のある部屋。


オブジェとしてお風呂があるが実際は使用できないらしい。

ハンモックがあってええなー。


椅子の奥にベッドが二つある部屋。天井には造花が飾ってる


なんでも 寝転んで歌う人のための部屋らしい。寝転んで歌う想像しただけでおかしくて 大笑い。


そしてコーヒーカップの部屋。


部屋にコーヒーカップがある。


「これ、回るんですか」@@子


「いえ、回りません」そっけなく答える店員


わー、わー、すごいねとまるで遊園地に来ているかのように騒ぐ私たち。



はっきり 言って迷惑だったに違いない。



ひとつだけ、外から見えない部屋があって 一人が「ここはどうなっているんだろう、00さん、わざとドアを開けて入ってみてくださいよ」ともう一人に声を書ける


「だめよ、ここわ。だって 目張りをしているもん」と00子。





そこだけ、ドアに何かを貼って外から見えないようにしており、鋭い00子らしい返事にみんな納得。


・・・・お~い、何をやっているんだぁ。。。


いろいろと珍しい仕様で こりゃ、歌を歌っても誰も聞いてないだろう。


私は卓球台のある部屋で卓球がしたいな♪


いや、寝転んで歌ってもいいな~



でも、そのまま眠ってしまいそうで怖いです~



ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 職場 | 23:16 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

うらぎりもの~

ほんと、うちの2号。

塾通いが始まってから ろくに家でご飯を食べない。

私の夕飯から逃げてる、もしかして?

お昼にみんなと勉強すると言うので先手必勝で

「今日は家で夕飯を食べること」と言ったら


「たぶん(出たぁ、大好きな言葉!)」


「あかん、外食したら 罰金を1000円取るよ」


「・・・わかった」


それから 夕方、2号から電話があった

「お母さん、今日の夕飯は何時?」

「なんで?」

「いや、家で食べてから また 戻って勉強するわ」


面倒なやっちゃぁ。

「六時半から七時の間やで」


「わかった」


しばらくしてメールを見ると 5通も入っている


誰かしらん♪いそいそ見ると2号からだ


しかも 同じメールを5通も同時に出している。

「今日の夕飯は何時ですか」

あほちゃうか、ほんま(涙)


あほさ加減に参って「外で食べてもいいよ」と送ったら即効、「ありがとう!!」と返事が来た。



今日の夕飯はもんじゃ焼き。


「いい匂いがするな」とご機嫌に食べる1号


まもなくして2号が帰ってきた


「お母さん、なんで夕飯を食べてきてもよかったん?」


「だって。電話は掛かってくるしメールを見たら5通も入っているから まぁ、いいかと思って」


「へへっ、それが俺の作戦やったんや。ああやったらお母さんは許してくれると思って。最初、電話を掛けたときに ダメって言われてそれから俺の作戦でメールを送ったら お母さんからいいよって返事がくれたやろ。


みんな、@@がお母さんを手玉にするとはなって言ってたわ。」

「くそうっ!」


「手のひらで転がされているチョコと同じや」


変なたとえするなと思ったら


私の横でこれみよがしに手の平にチョコボールを乗せてころころ転がしながら食べた


チクショウ~!



しかも、昼間に私はそのチョコボールをテーブルに落とし見もしないで拾って口に入れたら硬い。

なんだ?と見たらチョコボールの隣にあったビー玉を口に入れてあやういとこだったことを思いだしてしまった。



「兄ちゃん、マックでマックチキンがマックポークに変わっていたで」


「さっこポークか」


「そうそう、兄ちゃん、俺もそう思った。わはは」



兄弟仲良く楽しそうに笑った。



てめぇらもマックポークになれ!




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 00:02 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

いかさまカレー

昨日は、花金曜日で髪を切りに行ったらお気に入りの美容師が公休。。。


なので 次回、行くことにした。


仕事帰りはお腹が空く。てくてくと これでもかと試食を置いているパン屋へ行った。


おおっー、今日も豪勢な試食の嵐

誰かに会わないかなと思いながらもぱくついた。 さすがに申し訳ないのでパンを2個買ってきた私、えらいぞっ。


1号はバイト、2号は友達と食べてくる、ダンナはパチンコ。


夕飯は私一人だ。作るのも面倒くさいので ダンナが買ってきて食べるのを楽しみにしていたタイのレトルトカレーをこっそりと食べることにした。


蟹と卵のカレー。。。


こんなわけのわからんもんを買って普通のもんを買えちゅーの。ぶつぶつ。


出来上がってご飯にかけたら 妙にどろどろして食欲をそそらないがこれしかないので仕方ない。

20070706195801.jpg




ううん、とうがらしが丸々入っている。これ、食べるの?


このもにゃもにゃしたもんはとき玉を溶かしたものだろう。


で、蟹はどこに入っているんだ、蟹は??見当たらない。


スプーンでルーをほじくっているとなんか物体があったのですくったら

 ルーから出てきたのはイカのぶつ切りだった。。


ほにゃ?

いかのぶつぎり。


もしかして イカと蟹のミックス♪


ていうことはまったくなく 蟹の「か」もありましぇ~ん


金、返せ~!うえ~ん




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 日々の暮らし | 21:48 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二の。。。。

関節切りの@@さんが職場を去った。


本人は突っ込んでいるつもりであるが、突込みがきつすぎて笑えないことが多々あった。



50代の半ばの女性がカレーを食べてきたと報告したら


「あら、加齢臭?」と突っ込む



本人はカレーに引っ掛けたつもりが 年齢的に冗談にはきつく 


「あら、どういう意味かしら?」と静かな怒りを買い 頬を赤くしてあたあたしていた。



そして 最後、職場を去るときに〇〇子だけに手紙を挟んでいたので 何て書いているんだろうと思いわくわくして読んだ〇〇子が絶句


「〇〇さん、自転車を漕ぐ時は がに股に注意してね」



それだけだったそうな。ぎゃはは。


最近、入った新人さん、あっさりしていい感じだ。


オーストラリアへ旅行に行ってきた×さんががいそいそとお土産のクッキーを渡した。



「わー、ありがとう!」とみんなが喜んだ中、


「これ、美味しいです」と新人さんが言った。



「オーストラリアに行ってきたの?」職場でもぴかいちに丁寧に聞くyさんの問いに


あっけからんと


「ソニプラで買いました」



どひゃ~!



ああ、よかった。×さんがトイレへ行って席を外していて


と一人胸をなでおろす私でした。。。。





ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif



| 職場 | 20:29 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

高田純子

友達の@@子。

人が困っている話でも、ははっと 笑って「面白いじゃん」と他人事のようにいうことから「高田純二のオンナ版」と言われている



その@@子が今日、

「〇〇さんが、私のことを@@さんと勘違いしてバレーボールをやっていると思ってらしくて


バレーやっているんでしょうってっ聞かれたから 面倒くさくて

はいって答えたら

それから 時々 バレー頑張っているんでしょうって聞かれるからそのたびに はいって答えていたの」



「そしたら 今日、市報にバレーの試合が載っていたわよって言われて 


「ふんふん、なんて答えたの?」


「こりゃ、だめだなって思って」


「ふんふん」


「やめちゃったんですって答えたのよ」



ぶわっー


「いつから バレーしていると思われているの?」


「三年前から」



ぎゃはー


「で、前に一回。どこで練習しているのって聞かれたから 体育館って答えたの」


「そりゃ、体育館には間違いないわよ」のけぞるみんな。



「チーム名を聞かれたらどうしたの?」


「××チームって答えるつもりだった」って そんなチームないだろうが!



「もし、なんかでバレーの試合に出てくれって言われたら どうすんの?」


「突き指したからって 全部の指に テーピングするわ」


さすが、高田純子!



こんな高田純子だけど 切れ味すごいんですわ。



ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 23:21 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今の流行

夏になって 2号の半そでのワイシャツが1枚しかないことに気づき


サンキで安いものを買ってきた。


「今度、また、一枚、買ってくるから」と言うと


「う~ん、いいわ」


「なんで?」


「それが、今日、友達に @@、もう、高校三年生なんやから ワイシャツは長袖を着ろよ」と言われ


ふと教室を見回したら


ぬわ~んと、 全員、長袖を着ていたそうな。


「教室で 俺一人だけだったわ。半そでシャツ。だから、とりあえずはいいわ」


そういえば 駅まで向かう道中に半そでのワイシャツを着ている高校生を殆ど見かけたことがない。


汗かきの私、いまどきの高校生でなくて よかった、ほっ。



それにしても、いろいろ あるんだねぇ、いまどきの高校生のこだわりちゅーもんが。

私たちの高校生の時の こだわりは


なんだったんだろうなぁ。。。




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 20:43 | comments(3) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の正体は????

朝、遅刻ぎりぎりで職場に着く。

セーフ!


椅子に座り、ごそごそしていたら 隣の@@が


「あ、頭になんかついてる、ちょっと かがんで」と言うので


頭を下げた


「あら、あら、頭にはっぱが一枚乗ってる」



「ええっー、頭に葉っぱが~」


目がテンテン。。。

「朝、葉っぱを乗せて化けてたんじゃないの?」


「へへ」



「ほら、これよ」



@@が小さな小さなはっぱを差し出す。



うう~ん、これじゃあ小さすぎて うまく化けられへんなぁ(爆)



って あたいの正体はなぁんだ?




ぽちっと
↓ ↓ ↓
banner_01.gif


| 日々の暮らし | 22:30 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月