>

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

メール

引き続き、雑誌掲載の話で~す<もういや?

近所に住む友達からメールの返事が来た。

この彼女は我が家の様子も知っている。


「なんだか違う家みたいだった。さすがプロだね」


2号からのメールかと思ったよ(笑)

次はあらきん

「ところで さっこの顔を写ってるの?」

「残念なことに全然写してくれませんでした」

メールが即効に返ってきて



「残念!



じゃあ、安心して見れるわ」



さすが、大阪在住や 突っ込みが早い


と不覚にも妙に感心してしまった


いかん、いかん(爆)



 人気ブログランキングぽちっとしてね


スポンサーサイト

| 日々の暮らし | 10:12 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

雑誌に載ったよん



「和のしつらいを楽しむ4」・・ 学研 季刊雑誌



昨日、私の家のインテリアを紹介してくれた雑誌が発売された。初めての撮影にわくわくどきどきし、編集の段階で一度原稿を送ってもらい、感激した。

「おおっ、こんな感じで紹介してくれるのか!」

訂正する部分があれば修正箇所を連絡してくださいとのことで、名前を
sakkoにしてもらい、私のサイトの名前も出してほしいとずうずうしいお願いファックスを送った。

それから連絡は来ず、どうなのかなと待つこと約1ヶ月。

本が仕上がったら送るけれど少し遅れることがありますって担当者に聞いていたがついつい郵便ポストを覗いてしまう


そんな今日、友達から朝一番にメールがあった

「メジャーデビューおめでとう!!」

ううっ、ミーハーオンナのこころをくすぐってしまうじゃん♪

しかも「今度行くのが楽しみです」と

写真で騙している家なのに、どないしようか(笑)


そのあと、本屋へ行き、1冊買った。

なんか、不思議だな。自分の家が雑誌に載っているなんて、でもめちゃうれしい。

家に帰ってきて寝転んでゲームをしている1号に「ねーねー、雑誌に出たで、見て」

「う~ん、また、後で」と面倒くさげ


ふんっ。


次に2号が帰ってきた。2号なら見てくれるだろうと

「ねー、ねー、雑誌に載ったで見てみて」と2号に声を掛ける私に1号が「誰も見たかねーわ」と憎たらしいことを言う

「あんたには見てほしくないわ、@@やったら見てくれるもん」と自信を持って言ったの

にこれまた「お菓子を食べたいから後で」と手を洗い、お菓子をぱくぱく

どこまでいってもお菓子か、あんたは!


誰も相手しくれず、ふんだっと思っていたら1号が「どれどれ、見てあげるわ、かわいそうやから、ねぇ」と珍しくご機嫌をとったのに気をよくした私、「あら、そう!見る?」と声が弾む

そこへ「じゃあ、俺も見るわ」と2号。じゃあかいっ。


「ほらほら」

1号、見るのはいいが無反応<ひとこと、言え、ひとこと

2号 「この人、写真を撮るの、うまいなぁ」とやたら感心をした挙句

「兄ちゃん、見てみ。この写真、うちの家とちゃうで」
「そりゃ、プロだもん、当たり前やん:」

そういうことで実際より 素敵に写してもらった我が家の写真を撮ってくれたカメラマンさん、素敵な記事を書いてくれたうえ、サイト名も紹介してくれた担当者の方、ありがとうございます。そして朝一番にメールをくれた@@@、ありがとさん♪→来てもがっかりせんといてね~


 人気ブログランキングぽちっとしてね

| favorite lifeに関すること | 21:08 | comments(7) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

京都の豆腐

朝のテレビで京都の紅葉を映し出していた。関東へ来てもう6年目を過ごし、こちらの生活にもどっぷりと慣れたうえ居心地もいい。正直、ここでずっと住みたいなと関西の友達が聞いたら怒られるようなことを考えるのに、京都の風景を目にすると、何故か関西へ帰ってもいいなぁと思う。

4年間、スクーリングで京都の北のほうへ通った。勉強が目的なので観光する暇もなくスクーリングが終わると即効家に帰るを繰り返したのだが
最後の夏、1日だけ余裕が出来て初めてゆっくり観光した。なんか京都っていいんだよな。

その最後の日、遠く徳之島から来ている友達に誘ってもらい彼女達の部屋で夕飯を取ることとなった。みんなでスーパーへ行き「そうそう、京都は豆腐が有名だからこれは冷奴にして食べよう、そしてこれは味噌汁用と2種類の豆腐を買う。
部屋に戻り、それぞれが分担して料理をするなか私は味噌汁を作っていた。その最後の仕上げの様子を見た友達が大きな声で

「あらっ~!!!!うそ!!」と叫ぶ

その声に「ええっ?何よ、何?」

「それは冷奴にする高い豆腐だよ、それをさいの目に切ったのね」

がび~ん。。

「ご、ごめん」


「まぁ、仕方ないよ、せっかくだからそのまま食べようよ」


ということで食卓にはさいの目に細かく切られた豆腐がのぼり固形ブイヨンみたいな形の豆腐に醤油を掛け「う~ん、やっぱ、美味しいわね、この豆腐、形は小さいけど」とひとくちひとくち味わう

ううっ、大きいままで食べたらもっと美味しかったのに、ごめんね



その私、昔、鍋をして雑炊を作るとき、お汁を全部捨てて、中身の残った具をざるにあけて友達に失笑されましたです。→こりゃ、あかんわ(涙)


 人気ブログランキングへ←よろしく~!

| sakko編 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

男の背中

テレビのコマーシャルで見る渡辺謙の背中、すごく綺麗

お寺の縁側に犬と座り、横向いて犬を見るその姿、背中からウエストのラインがきゅっと引き締まってたまらなくセクシーだ

男も女も背中からウエストのラインの曲線が綺麗なほうが断然いい。


ウエストのない私とダンナにとってそれは永遠の課題かも(笑)


セクシーさをどこに感じるかというのは年齢によっても変わるかもわからない。でもいまだに私は車でバックするとき、後部座席に手を掛けて後ろを見ながら一気にバックする男性の仕草が好きなのだ

これは不思議と昔と変わっていなくダンナの仕草を見ていてもやっぱ、いいなと思う




 人気ブログランキングへ←よろしく~! 




| 雑記 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

どあほっ!

うちの1号


ほんま、じゃれ好きで困るわ。


いつもなら2号をこづいたりしてからかっているがまだ帰ってこない

つーことで私が標的


「デブを見ると なんかこづきたくなるんだよな~」って


親をどつくな!



パソコンに向かっていると後ろからかかと落としをしてきた


「痛いやろ、あほっ!」と言うとうれしそうに笑っている



無視してパソコンへ向かうと1号の気配がするので

さっとよけたら


私ではなく
椅子に思いっきりかかと落としをした



「痛っ!」って



ほんま、あほやな、あんた(涙)



・・・・・親の顔が見たいよ(爆)


 人気ブログランキングへ←よろしく~! 


| 日々の暮らし | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

踏んだり蹴ったり

今日はふたご座の運勢、つーか、私の運勢よくなかった


出先で いろいろお話をお伺いしていたところ


「女性の声はどうしてこうも高いのかな、聞き取りにくいわ」

「わかりました、低い声で話しますね」


「う~ん、あんたの話はどうも聞こえんわ」


すると横にいた息子が「早口だからさ」


これはよく言われるので「どうも、すみません、気をつけます」と謝ったら

「こんなこと言うの失礼だけど かつ舌が悪いから」

くそっ、親子で言いたいこと言って


追い討ちを掛けるように


「18歳から30歳までの 若いオンナの声は聞こえやすいけれど30過ぎたオンナの声は聞き取りにくいわ。で、あんた、わざと声を裏返すのやめてくれんか」


ととどめを刺した。


くそっー、地声やちゅーの。


歌ってやればよかったわ。


この、この @@@@@<ここは想像でお願いしやす



憎まれっ子、世にはばかるってほんまやな、私も気をつけようっと!


 人気ブログランキングへ←よろしく~! 


| 日々の暮らし | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ロールケーキが成功しました♪

ロールケーキ


今日は1号の大学の試験日。

前の日に2号相手に面接の練習をして出かけた。


そこで母としては「試験お疲れさん」っことで久々にロールケーキを焼いた。

どのレシピで焼いても生地がパサパサするのでオリジナルレシピで焼いたら


しっとり生地のふんわりロールケーキが出来て大満足


「あれだけ面接の練習をしたのに、最初、雑談みたいな感じで超拍子が抜けたわ」



と言いながらも1号の顔は晴れやかだ



夕飯のハンバーグはダンナにホットプレートで豪快に焼いてもらい


私はクリームを塗り、生地をくるくる巻き、切り落としを


「食べたい人~」と言うと


子ども達が食べに来る


「どうや?」

「う~ん、まぁまぁやな」と1号


って1号の顔を見たら美味しいか美味しくないかわかるってば(笑)



夕飯が終わってから食べたロールケーキ、ほんと美味しかった♪


これでこれから私の手土産はシフォンケーキからロールケーキに変わりそうですっ!!



さてさて、レシピアップもしなくてはね♪



 人気ブログランキングへ←よろしく~! 



| 手作りのお菓子とパン | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

封印

クローゼットを整理していたら

2号が従兄弟からのお下がりで少しだけ着たフードつきジャケットが出てきた

むかし、むかし


2号が小学校5年生の冬のある日


顔がぽっちゃりしているのを気にして夕飯を食べてからジョキングへ行った


そして帰ってきたなり

「お母さん、これ、もう着るのやめとくわ」


「なんでよ、もったいない!」


「だってさ」


「何よ」


「さっき、走っていて、女子高校生を追い抜かした時に」


「ふんふん」


「まさか、小学生が痴漢やと思わなかったわって俺のことを言った」



ぎゃはは(爆)


笑いたいのを必死にこらえて



「俺、フードを被って走っていたから間違われたんやろうか」


いじいじいじのいじ



あんた、なんもしてないのにそんなことあるわけないやん



ほんま、うちのいたいけな何もしていないタヌキを痴漢だなんて


怒るで、高校生のおねーちゃん(爆)


それ以来、そのフードつきジャケットは封印されましたとさ


 人気ブログランキングへ←よろしく~! 





| 日々の暮らし | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

そんな兄と妹

うちの兄ちゃんが胆石の手術をすると母から聞き


ここは妹として電話を掛けようと大阪に住む兄に電話を掛けると


お風呂へ入っているとのことで


ねーさんと20分ぐらい話し込む



今、生保の仕事をしているのだが1日働いても契約をもらえないので給料はよくない


「そんなに忙しいと家族とすれ違ってしまうし、辞めたほうがええんちゃうかな」


「そう、そう思う、お母さんにも言われたわ」


この話をさんざんしてそろそろ電話を切ろうと思っていたら

「@@ちゃん、お風呂から出てきたから代わるわ」


ねーさんに代わり兄に電話口に出てきた


(兄ちゃんは無口で電話で話すこと事態、あまりない。)


「手術するんやて」


「うん」


・・・・・・

・・・・・・


沈黙


「あまり水分を取ってなかったんちゃう」


・・・・・

・・・・・・沈黙


返事ぐらいせーちゅーの


「手術は簡単なんやろ」


「さっこ」

おおっ、話し始めたわ



「また、かけるわ」



ひえっー。。。。



それで 終わりかいっ!(涙)



 人気ブログランキングへ←よろしく~! 



| 日々の暮らし | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

こてこて会話

昨日のこと


ロッテの野球の試合を見ていた父と2号


「おい、@、おまえ、ロッテの応援団に入れ:」


「なんで?」


「ほれ、見てみ、空中高くジャンプして応援しているやろ、お前も背伸びるぞ」


「なんでお金を使ってそんなことせなあかんのや」


・・・・確かに


そのあと、夕飯になり



田舎のばーちゃんが送ってきた豆をサラダにして出した


「これ、なに?」と2号


既に警戒モードに入っている


「大豆のサラダや。食べてみ」


こわごわ口へ入れた瞬間、「うっ」と口を押さえた。


ほんま、この子は(涙)

「残したらあかんで」冷たい声を出して許さない母に


ねずみみたいに口をもごもごして食べていた



その様子を見て


「じゃあ、俺も食べてみるか」と1号



スプーンで一口入れた瞬間、


「髪の毛が入ってるぞ!!、店長を呼べ、店長を!! 」


と髪の毛を指で掴む

「へいへい、店長が来ましたよん」



指でつまんだ髪の毛を見て「ああ、ほんまや」と反省なしの母






それにしても、なぜか、1号ばかり髪の毛が入るのね~


普段の行いが悪いせいかしらん(爆)





 人気ブログランキングへ←よろしく~! 




| 日々の暮らし | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ブラザービートと花より男子

今、めっちゃはまっているドラマがこの二つ


ブラザービートのもこみちと田中美佐子の軽い絡みがうちの1号と私を見ているようで面白い


でも、でも、一番は もこみち君にはまってしまった


横顔の素敵なこと!!うっとりする


で、花より男子


子どもが小学校の頃、友達がこのコミックをこぞって読んでいて


なんでそんなの読んでいるんやろうと不思議に思っていたら


この面白さだ。


毎回、毎回、わくわくしたり笑ったりめっちゃ面白い。



木、金がすごく待ち遠しくてたまらないっ!!



 人気ブログランキングへ←よろしく~! 



| sakko編 | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

我が家のステーキ事情

近くのスーパで119円セールをやっていた


おおっ、オージビーフだけど「ステーキが119円か」



ちょっと目がきらりん


赤身ばっかりのお肉からなるべく脂肪のあるお肉を選び3パック買った


家に帰り、ダイエットしている私は秋刀魚にしてまず2号が食べる


「おお、今日はステーキか」とうれしそうな顔



しばらくして「お母さん、この肉、噛んでも噛んでも飲み込まれへんわ。



「安い肉のせいやわ」私が言うと



に気遣いの2号


「味はステーキの味しておいしいで」


しばらくして1号が帰ってきた


「おおっー、今日はステーキか!」声がうれしそうだ


「兄ちゃん、でも、めっちゃ硬いで」


「何を言ってるんや。うちにしたら滅多にないステーキやぞ、そんな贅沢なことを言ったらあかん!!」

・・・・あのな。


ルンルンした兄ちゃんが食べ始める


「兄ちゃん、食べやすくしたほうがいいで」と2号

「大丈夫や」



しばらく食べて



虫歯なし、市でいい歯の表彰をしてもらった1号がぽつりと


「ほんまや、硬いわ、この肉」

「そうやろ、兄ちゃん」


「でも、でも、@@、これは一口用に細かく切って食べたらそうでもないぞ!!」



・・・・ほんま、あんたら、けなげやわ



その昔、昔



うちのダンナのねーさんがスーパへ連れて行ってくれたとき



子どもたちにお金を渡し、「これで好きなパンを買ってきたらいいでよ」に



二人の子どもは真っ先に


パンのつめ放題コーナーへ行き、二人でうれしそうにパンを詰め込み

ねーさんにその成果を見せ合ったらしい。


「@@さんとこの子、ほんま安くついていいわ」とねーさんが笑っていた



しかも1号にいたっては小学校3年生ぐらいのとき、卵の安売りに買いに行かせた

「わかってる?1パック30円の卵やで」

「うん」



しばらくして家に電話がかかってきた


「お母さん、どれかわからん」


「こら、電話をかけたら電話代がかかるやろ、わからん時はスーパーの人に聞かなあかんやろ」




それからはお使いで電話が掛かってきたことはありませんでした。


めでたし、めでたし(爆)



 人気ブログランキングへ←よろしく~! 


| 日々の暮らし | 09:24 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

結婚指輪

「指輪がない、ない」と探し回っていたダンナ

「ホテルに電話して聞いてみるわ」<会社で泊まった

「うん」

「なかったよね?」

「うん、私は片付けてないよ」


今日のこと


掃除機をかけていてソファーを動かしたらきらりと光るものが


「おおっ、ダンナの指輪や」

早速メールをすると


携帯に電話がかかってきて「ありがとう」と話す声が弾んでいる


「いや、さっこも置いているって言ったからなくしたら悪いと思ってさ
ほんと、よかったわ」



えらい感激してた。


あんた、ほんま、えらいなー


指輪、指輪。


ええっと、たんすのどっかに置いていたはずや。


ずっーとつけてないからもうはまらんのちゃうやろうか



新婚当時は指輪が愛の証のように思えてつけていたけれど


洗い物をしたら外れる、体を洗ったら外れるで


いつのまにか つけなくなってしまった。


つーか、つける気もない。


デザイン違いやったら話は別やけど(笑)


でも、でも、いまどき結婚指輪を律儀にはめているのって


うちのダンナぐらいちゃうやろうか、ええ人やわぁ(爆)


 人気ブログランキングへ←よろしく~! 


| 日々の暮らし | 23:58 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

布施弁天の骨董市

布施弁天


晴坊と布施弁天の骨董市へ行く朝、急に抹茶と小豆のさらし粉のマフィンを焼き、約束の時間より30分ほど送れて出発。

久々に会った晴坊も元気そうで何よりだ。

布施弁天の骨董市は初めて行くので楽しみにしていた。

神社の下の駐車場の横にある敷地にシートを敷きそこで市が行われていた

数は13店舗ぐらいかな。


入り口の近くのお店で安い薬ビンを手にした。2本で300円にしてくれるなんて安い!

次は洋のアンテイーク、かわいいけれど高いんだよな、洋ものって

和ものよりも高いような気がする

見るだけ見て次に回ったら先日、鎌ヶ谷の骨董市で出展していたお店が出ていた。

私は、最近、小物に凝っていて小物で好きなものを見つけるのが楽しい。

前、ここで自転車のベルとカメラケースを買った。


今回は鍵とそして米ごまをみつけ、買うことにした。

はじめ、米ごまを見たとき、何かわからなくて聞いたら「米ごまで、こまだよ」と店の人


「ほほ、そうなんですか、これ、回るんですか」と聞いたら

「回りますとも」

そこへ「それはこうやって回すんだよ」


だ、誰や?


横にいたおじさんがつかつかと私に近づいてきて私から米ゴマを受け取ると

紐を2箇所こぶにした

「これはね、ハの字にしてこれぐらいの感覚であけて結ぶ」

「あ、はい」

「そしてこれをこうやって巻く」

「はぁー」


「そしてぎゅっと締めたらこう持って前へ投げて後ろへすぐ引く」


と言って実演する


さすが子どものころから慣れ親しんだ腕前は鈍ってなくくるくる回る。

「おおっ、すごい」と声を上げた私に


「よし、今度は結んでみな」

「あ、、、はいっ」


もともと不器用な私、うまく巻けない


「違う、違う、ここはこう、そうそう」


ようやく巻いたら「さ、持ってこうやって投げる、そうそうびくびくしないで堂々と投げる」

「はいっ」


教えられたとおりにすると初めてにしてはうまく回った。

「回った、、回った。ありがとうござます」


・・・・これで終わりになるかしらん


と思ったのも甘く

「次は一人で巻いてみな」


ぎょえっー!!

「は、はいっ、ええっと、ええっと」

「違う、そう巻いたらゆるくなる、手を持ち替えて」

「はいっ」


「そう、そう」

もちろん、巻き終わったら投げる


2回目は失敗だ。


指導不足と思ったおじさんは


「じゃあ、もう1回してみよう」


ううっ、ここで、まだやるんですかいっ(涙)


それで次も次もやって


こりゃ、まだまだ家で練習しないとだめだと悟った叔父さん、私の「家で子どもとしてみます。ありがとうございます」にようやく解放されるわというほっとした顔で「ま、頑張ってみて」

そして最後に
私の米ごまが回しやすいかどうか見るために他のものと見比べる


「うん、これらが一番、いいみたいやな、」と私に言った後


お店の人に「しっかりしこんでおいたから大丈夫!!」と笑顔を見せて帰った。


あ、あ、ありがとうごせーます。。。。。


ちなみにこのおじさんは地域で米ごまの指導をなさっているそうです。

皆さんもどこかで出会ったら是非、ご伝授していただいてくださいましー


 人気ブログランキングへ←よろぴく~! 

| 骨董市・フリマ | 11:21 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

おかまバーへ行ってきましたよん



初めて行ってきました。オカマバー

総勢7名、みんな「おばちゃん」ですわ。しかも昨年に行った一人はあれから4回ほど行っているというだから。

今日は店のスター「ひでろう君」のお誕生日で友達に「来てよ」と催促の電話があったらしい

「でさ、プレゼントは?」

「そんなもん持ってきてないわよ」

「へいへい」


初めて入る店内は明るくて広い


ステージの前にいるグループに思わず目がてんてん

そりゃまだ夕方の6時だけどさ、ここへ小学生の子どもを連れてくるか。。。。

違うやろ、大人の場は大人の場で分けなくてどうすんのよとみんなで憤慨。


行った日はハローウイーンでみんな仮装をしていた


ママさんはパンダ。ここのママさん、めっちゃ綺麗。肌もきめが細かくて女性より綺麗。いや、うちらよりも綺麗(爆)


体も全部「オンナ」にしてしまっているそうで付き合う人ももちろん男性だ。

5年間、付き合っている人がいたんだけど「もう空気みたいになっちゃってなんもなくてつまんなくて」別れたとのこと

「あら、何を言ってるのよ、ここにいるみんなもそうよ、結婚なんてそんなもんよ!」とみんなが口を揃えて言う

付け加えるならこのメンバーの一人は

「ダンナがこけても助けないわよ、反対に押してあげるわよ、「ああ、早く煙になってくれないかしら」と不敵な笑みを浮かべるつわものが1名→貫禄ねーさん


色んな人が来てくれるうちに店のかわいいアイドルが横に来た。


24歳か、うちの1号より6歳上か、ふ~んと思ったら子どもと変わらんなぁと思ってきて母の目になってしまう。。。

超かわいいし男の子でも十分素敵だけど性同一障害で男性であることに苦痛を感じて育ってきたらしい。


私が高校生の時に女の子で男子の学生服を着ている子がいてすごくびっくりしたことを思い出す。あの子もそうだったんだろうなぁ。

しばらくしてショーが始まった。

初めて見るショーは面白くてこんな世界も見るのもええなと思ったが1回来たらもうええな。


ショーが終わると「おひねりタイム」みたいなもんがあって主役におひねりやらプレゼントを渡していた。

うちのグループ?誰も出しませんわ、はいな


3時間はあっという間に過ぎて帰りのラーメンを食べて

駅へ着いたときのこと


私がいつもの大きな声で話していると後ろから来た男性がその声に驚いた顔をした


「ああ、声、私の声でかいでしょう:」って笑ったら

「いやぁ、声を大きく出すのはストレス発散にもなるし、いいですよ:と笑顔を返してくれた


それにしても人をびっくりさせるほどの声だったね、私って(涙)

つーか、人迷惑じゃん、ちゃんちゃん



そうそうこの人がひでろうさんですよん

テレビにも出ているスターさんで、おもろかった。






 人気ブログランキングへ←よろぴく~! 

| 日々の暮らし | 21:52 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月