>

2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

主婦の飲み会事情♪

昨日、スーパーで買い物をして車へ向か通路で

あれは?


2号の役員母だ。いや、間違ったら悪いかとじいっーと見た。

まぁ、声かけて間違ったら謝ればいいやんと思い「@@さん」と声を掛けると

「あらぁ,〇〇さん」と明るい声が返ってくる

「ほんま、痩せたね、顔が一回り小さくなっているよ」

「そう」と笑う顔にしわが。


「どんなダイエットをしたの?」

「お菓子を食べない、夕飯はお茶碗1杯だけ」

「それだけで?」

「それだけって3年かけて5キロ痩せたのよ」


ほんと、私と違って根性あるな!

「ごめん、今度は私が飲み会の幹事よね、忘れていたわ。いつにする?」と彼女。

ということで飲み会の日にちの相談をして別れた。


う~ん、彼女の顔、前のふっくらしたほうが好きだったなと彼女の顔を思い浮かべる


女性も年を重ねるにつれて きれいに痩せるということは難しくなる

>だから、私は痩せれません(爆)



そして、今日の夜、早速連絡網で「飲み会の連絡」が回ってきた

はやっー!!


場所はいつものところ

「今度は違うところでしたら」とか

うちらの姿を見たら そそくさと暖簾を下ろしてしまうところでまた飲み会だ。


おっちゃん、今度はどんな顔で迎えてくれるかな♪<塩、撒かれたりして


10月はまた他のグループで飲み会があり

11月のはじめはこのグループ


これから年末に掛けてまた増える主婦の飲み会。

みんなはどうですか?



 人気ブログランキングへ←今日も応援クリックしてね
スポンサーサイト

| sakko編 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

授業崩壊

昨日のテレビを見てびっくりした

ある高校での授業風景

友達とぺちゃぺちゃ話をする
携帯電話でメールをする
部屋の中を歩き回る

挙句の果ては教室で漫画の本を立ち読みする生徒

それにもましてびっくりしたのが

「それは授業崩壊ではない、普通だ」と言った教師は


「クラスの1割の子が騒いでも他の子が勉強していればいい」と言い放った。
あんたのほうがよっぽど道徳崩壊しているわ

うちの1号が小学生のときに

課外授業でちょうどうちの家の前を通った

「@@君ちの家の前は日陰があるのでここで一休みしましょう」と言ったか言わないうちに子どもたちは あちらこちらへ走る


おおばかもんの1号は家からいそいそとボールを取り出し、ドッジボールをしようとした(涙)

「こらっ!!」と私が怒りボールを取り上げた後、子供たちはてんでばらばら好きなように遊ぶ

先生が集合をかけ一行は次の移動先へ向かった。

くしくもちょうど、私が買い物へ行こうと自転車で出かけていた先で
また一行にでくわす


先生の姿が見えず子供たちがまた好きなように遊んでいるので理由を聞くと

「〇〇が一人どっかへ走っていった」とのこと


ほどなくして踏み切りを挟んで先生と生徒が見え

「@@く~ん、戻ってきなさい」と先生が必死に叫ぶ姿に授業崩壊を見た

(この先生は結局、後で教師をやめることになる)

中学校での授業態度はひどかった


先生の目の前で後ろ向きで漫画を呼んでいる子もあれば

授業中にもかかわらず手紙を投げて廻す子


後ろの席の女の子とマフラーで首をくるくる巻いて話す子

授業中にもかかわらず部屋を出て行く子<うちの1号もしていたらしい


げげっ、怒れよ、先生と思うが


これが怒らない。


なんでだろ?生徒も先生をなめきっている

子供たちはただ本能のままに行動していて「これをしたらだめ」だとかそんな意識のかけらもない

これは大学生でも言える

大学の授業であからさまに大きな声で携帯電話を使おうが


先生の目の前でパンを食べ、おにぎりを食べ、ジュース飲み、お菓子を食べても


ちらっと見るだけでひとことも言わなかった講師が多く


生徒も生徒だが怒らない講師も講師だと友達と憤慨した。




最近の新聞によると現在は


授業中に教師を殴る、蹴る、高学年の小学生が多いそうだ。


今まで中学生がしていたことが小学生に移行した


何が原因で、どうやったらこの状態を変えられるのだろう

のびのび保育、自主性を重んじ、個性を尊重する保育が売りの幼稚園

に家庭での自由奔放に過保護

逆に無関心でやりたい放題の家と子どもを取り巻く環境の問題は多い


個性を尊重するということはその子が自ら規律を守らなくてはいけないのに

個性の尊重だけが先行する

それに加えて、うちの子も含めてだけど


我慢の出来ない子どもの増加。


感情=行動


うざいからやった。

今、こういう子供が多いように思う

また、教師側にも問題がある

たった一人か二人だけの聞いている子だけに向かって授業する先生。


サラリーマン化している教師、教えることに情熱を無くした教師

子どもの道徳観を育てる前に自らの道徳観が形成できていない教え子に手を出す教師


自律神経失調症になる教師も多い

この原因は子どもにあることはあるが

保護者とのあつれきに絶えられないことも多いようだ。


三者三様のさんすくみ




日本の未来、どうなるのだろう。。


昨日のテレビを見て久々に不安になってしまった


 人気ブログランキングへ←ランキング上がってきました。ありがとう!今日も応援クリックしてね

| 雑記 | 13:20 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

どないやねん

昨日の晩、試合のビデオを母子で見ていた。

「う~ん、いい具合に俺の脚、短くねぇ」

・・・・ほんと、足、短いわ。


「このユニフォームの着こなし、俺が一番、かっこええわ。だって腰パンやもん」とうれしそうな1号


何を考えて試合に出ているんだ(涙)

「兄ちゃん、@@のユニフォーム、かっこええなぁ」

と2号


頼むから、あんたは腰パンなんかせんといてよ

ユニクロで新しいカーデイガンも買った<校則違反の色だったことを今日知った1号(激涙)→あほっ~!


髪の毛もワックスでたたして


うん、いまどきの高校生だ。


そして人にどう見られるかも超、気になる年頃だ。

「お母さん、今日は、坂道を登っていこうかな」


「公園の前を通るときぐらいやから、変わらんで」


「そっか、でも、恥ずかしいな」


「誰も見てへんて」

「う~ん、まぁ、いいか」







今日も ちゃりの壊れた1号は私の




ママチャリ、もちろん、後カゴつき!!に乗って



朝、人が行き交う中を髪の毛を立たして走って行った。



あんた、ほんま、勇気あるわ。。。。





 人気ブログランキングへ←ランキング上がってきました。ありがとう!今日も応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

生活の質

生きるということは


生活の質の向上があってこそ生きられるものなのだなと今日、強く感じた。

乱雑な家の中、布団のシーツは黒に近いグレー色。階段に山高く積み上げられた荷物


この生活空間で生きる意欲なんて出るわけない

まして気持ちが落ち着くという安堵感をも味わえるわけもない。



生活が落ちて自堕落になればなるほど軌道修正は一人ではできない


まずは


乱雑な家の中をすっきり片付け

こざっぱりとした片付いた家の中で暮らす気持ちよさを再度味わってもらうのが先決だ


そして人の手を入れてその生活を維持してもらうようにしながら


自立を支えていく



でもひとつ、問題がある



何かに依存している人の場合、その依存から抜けだすには


どうしたらよいのだろう。


心に弱いものを持っているから依存してしまう


そこから抜け出すには、どうするのだろう。


抜け出すことができない闇の中でもがき、


依存する苦しさ


家に帰って夕飯を作りながらふと思い出す


あの家の中で


今日はどんな夜を過ごしているのだろう



 人気ブログランキングへ←ランキング上がってきました。ありがとう!今日も応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ウインターカップ予選

日曜日はウインターカップの予選だ

1試合は勝ち、午後からの試合で勝ったら出場決定。


ドキドキする、これまで勝てると思われた試合の最後5分で思わぬ逆転に負けたことが信じられず放心してしまったことが2回もあるだけにまた負けるんちゃうかという気がしてならない

しかも、これで最後の大会となるだけに絶対負けてほしくない。

コートのすぐそばにある観客席でビデオのファインダーから試合を見る

のだが近くで見る試合は臨場感にあふれ胸もどっきんどっきん


最初、点数差は12点負けていた。それをどんどん追いつき、逆転となるのだが

まだまだ油断は禁物!


最後の5分に20点以上の点数差があっても「また、逆転されるんちゃうか」とドキドキ

コートそばでいつもの先生らしくない優しい応援に歌ちゃんが感激してうるうる目。

おいおい、泣くのはまだ早いってばよう(笑)


残り1分が経過して秒読みの状態になりようやく勝利を確信したところで



試合最後のホイッスルが鳴り響く


ウインターカップ出場決定!!


子どもたちも軽くこづきあって健闘をたたえる


今までうちのチームはどこか冷めた雰囲気が漂っていた。


試合中に声を掛けたり席に戻ったときに誰かに声を掛けたりするような場面を見ることは殆どなかった


それが今回は違った。


各自がさりげなく 声を掛け、体を軽く叩く


なんか、それがすごくうれしかった。チームがまとまってきたのを目にした。

そしてそれはいつもの冷めたチームじゃなかった。


そこには 戦いを共にするチームメートの結束みたいなものが流れていた


それなのに、なに?


「@@さ~ん」とか「0000」とか数人の女の子に声援を送ってもらったうちの1号、彼女たちの方を向いて軽く手を振ったじゃないか(涙)



・・・・あんたは、いつから、そんなに軽い男になったんだ(激涙)

その夜は勝利の打ち上げに気をよくして


がばがば飲みすぎてしまったとほほな母。


それにしてもウインターカップ、すごく楽しみだ。


どこまで勝てるか、どこまで彼らの力が伸びるか


期待しよう。


そして母たちも限りない応援を悔いなくしたい☆

 人気ブログランキングへ←ランキング上がってきました。ありがとう!今日も応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

オープンキャンパス

今日は1号の代わりにオープンキャンパスへ行ってきた。

予定はお昼までと思ったら大間違いで


保護者の説明会があり、その後は個別相談。

何を学ぶかわからないので担当の女性の教授に質問をし始める


これがまた、いろいろ聞くのだ、私<理解力弱い


すみません、先生と言いつつ、延々に聞く


なんやら先生の目が遠くへ泳ぐ

「もう、この人ばっかりで次の人、待っているのじゃないのかしら」と

いう視線ピカピカにようやく気づいたのできりもよかったので退室した


時計を見るともう12時30分。。。


次の講座は2時10分からだ。


美味しそうな親子丼の店へ行くつもりだったのに学食へ行くことにした。

親切な学生が学食まで誘導してくれて京都以来の学食でランチ♪


ああ、懐かしいなぁ、この雰囲気って浸っていた



そうだわ。


あの時


チケットを握り締めて学食のおばちゃんに


カツ   あげ   定食くださいっ」



って言って顔から火が出る思いをしたっけ



ほんとは



からあげ定食だったのにね


そのあと、小論文の説明会も受け、ようやく終わったのが


午後4時。。。


ひょえ~


久々に疲れたな


その後は 雑貨の店、オルネに行ってきた。



めっちゃ、素敵なお店だったけれどひとつ身にしみてわかったのが


アンテイークは 高い!!


見るだけ見て帰り、お彼岸なので たねやのおはぎを買って家に帰った。


久々に行った都会は刺激的だったけれど疲れる。年をとったら田舎暮らしか、それとも便利な都会暮らしか


そんなこと、ふと思った


さぁ、明日からまたがんばろうね、1号。


 人気ブログランキングへ←ランキング上がってきました。ありがとう!今日も応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ぶわっ~

先日のこと


大学受験で頭がやきもきしている1号が

「お母さん、@@に落ちたら〇〇へ入って俺も社会福祉士になるわ」


それを聞いた2号が


ぽつりと


「兄ちゃん、頼むから  


新聞記事だけには載らんといてくれ



「お母さん、お母さんも兄ちゃんが新聞記事に載ったらいややろっ」



う~ん、



1号は


きれると 凶暴になるからなぁ。


普段だったら


「うるせーよ、てめぇ」とか怒るくせに


なぜか



一言も返さなかった



・・・・・・自覚しているのか、1号(爆)




 人気ブログランキングへ←応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

雑誌の取材




今日は「和のしつらいを楽しむ」という雑誌の取材だ。

初めての雑誌の取材でどきどきする。しかもサイトで見ている感じと違ったらどうしようと思いつつ、抹茶のシフォンを焼いたりクッキーを焼いたりって手作りお菓子の取材じゃないってば(涙)

午後2時過ぎにピンポンが鳴って外へ出るとカメラマンと助手の男性と編集をしていて今回連絡をくれた@@さんが車から降りてきた。

いやぁ~、ほんま来たわとドキドキ


挨拶しながら「いや、恥ずかしいです」と言いまくって照れる私、いつものさっこじゃな~い!!


車から機材が降ろされ、部屋へ入る


ぐるっと見回す@@さんに小心者の私の心臓はどっきんどっきん


がっかりしたんちゃうやろうか。


まずはテーブルに用意したお茶のセットを撮影する。


こういうセッテイングをきちんとしたことがないのではっきり言って自信がない。


しかもパニックている私は湯飲みを用意して中身のお茶を入れ忘れているし


シフォンの生クリームは気合が入りすぎてとろ~んとするつもりが

ぼそぼそになってしまった<アホやな(涙)


昨日、友達のみっこが旅行先の長野で拾ってくれた木の実でリースを作ったんだがそれも写してくれてうれしかった。ありがとう、みっこ♪


13.jpg

(ケーキを飾る前です)

撮影が始まると何やらライトが出てきた。「おおっー、こういうの初めて見ました」


アルミやら白い紙やら黒い紙をあてて撮影するたびに「わぁ、こういうので撮られるの初めてです」と喜ぶ私


しかも光の明るさをを測定するリモコンみたいなもんまで出てきて
「あれは何ですか」と質問しまくり



撮影の合間に@@さんからよく行く店や骨董市、家にあるものの説明等を聞かれ答える

曇って暑い家の中で何枚もの写真が撮影され、その様子を私も何枚か写させてもらった。

12.jpg



「取材をお願いしても外で話すぶんにはいけれど家の撮影はって断る方が多いのでうれしいです」

とお礼を言われたがなんのその!

「いや、私なんかめちゃうれしくて友達に連絡しまくりましたよ、取材されるってすごくうれしかったです」と笑顔で答えた

だって超ミーハの私のひとつの夢は雑誌に紹介されることだったんだもん!


撮影が終わってシフォンとクッキーをコーヒを出して本当のお茶にした。


「クッキー、バンバン食べてくださいね」とみんなに勧める、勧める


@@さんからデーター用にと簡単な自己紹介の紙を渡されて

「年齢ですか、20歳にしておこう」と冗談で言ったつもりが


ほんまに「20歳」って書いてしまって「永遠の二十歳ですね」と受けてしまった。

「フォトショップの本をもっているんですね」とカメラマンさんに言われ

「ほんと、私って天然でフォトショップだと思い込んで買っていざソフトを使ったら違うし おかしいなと思ったら違うソフトを買っていたんだです、ええっと、なんて名前だったかな」と思い出している私に

カメラマンの助手さんが「ペイントショップでしょう!」

「ああ、そうですっ!」

・・・・・天然丸だし


そしてカメラマンの方にピンボケをチェックする方法と白い紙をあてることで光の反射を利用することも教えてもらった<つーか、質問攻め(爆)


なごやかな感じで撮影も終わり後は発刊を待つのみ

1冊の本を撮影するのに15~20件の家を取材に行くのだそうだ。


どれぐらいの大きさで載せてくれるのかなぁ。


そうそう、「顔を出すのはやめておきます」という言葉を用意していたのに


そんなことぜんぜんなかった。


余計な心配だったわ(爆)


ちょっぴりこ、聞いて欲しかったんだけどな(再爆)



今回の取材で強く感じたこと


私は器がばらばらのほうが面白いかなと思って単品もしくは2枚で買うのだがやはり器はある程度、枚数を揃えて買うほうがいい

テーブルは新品でもアンテイークでも無垢のものを買う
うちのは合板だから

テーブルの上でパンをこねたりすると剥げてしまって汚いので写真を撮ってももうひとつ

普段からお茶やご飯のセッテイングをして感性を育ていくことが大事


そしてやっぱ、いろんなものを見たり(お店、骨董市、サイト等)して

自分なりの空間を作れるようにすること


とっても今日は勉強になりました。FG武蔵のスタッフの皆さん、ありがとう!!

 人気ブログランキングへ←応援クリックしてね

| sakko編 | 21:59 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

きゃあー

いよいよ今日、初めての取材だ。

この1週間、こどもの体育祭や1号の受験のことでバタバタして忙しくて家のこと、あまりできないまま、いいのか(涙)

おまけに座布団カバーを縫うのは途中であきらめてしまったし

むむっ

まぁ、掃除だけはダンナを酷使してばっちりこ


お茶の用意はさんざん迷ったあげく 抹茶のシフォンケーキにした



お昼の2時までにまだまだすることして(汗)




ということで 後ほど またレポしますので遊びに来てね~



 人気ブログランキングへ←応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 10:57 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

大学受験

高校3年生の秋は受験の追い込み!


となるはずがいまだにクラブ活動を続けている1号<目指せ ウインター出場がかかっている


スポーツ推薦も本人の思うところからは声がかからず、自己推薦で大学へ行くこととなった。

思い起こせば私が高校生のとき。

進路を決める際に母親から「家を建てたから、大学へ行かせるお金がない」と言われた私は


もう覚えてないけれど、そのとき「大学へ行きたい」と泣いたらしい

そのことを親戚のお姉さんに話すと「親にお金を出してもらおうと思うからでしょう、働きながら行きなさい」と喝を入れられたが働きながら大学へ行く気迫もなく進学はあきらめたが大学へ行きたかったなぁと思いは私の心から消えることはなかった。

それがくしくも結婚してから通信制の大学へ行くこととなり形は違うが最終的には大学で学ぶことができたのだから人生はわからないもんだ


高校生のころのそんなことを久々に思い出しながら

小論文を書くにも時間のない1号の手伝いをしようと


新聞記事で資料を集め、ネットで情報を見て


とりあえず、書く下地を揃えている


今回の小論文を書くにあたって 職場で一緒だった友達にも協力を得た。

@ほんと、いつも頼りにしてばかりでごめんなさい

みんなの力を借りながら どうぞ1号が1次試験に通りますようにと


願うばかり


そして私の果たせなかった夢、実現してほしい


がんばれよ、1号。




 人気ブログランキングへ←応援クリックしてね

| 日々の暮らし | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

どっひゃあ~!

うちの1号、見た目はとっつきにくそうでクール。

気軽に話しかけられない雰囲気をかもし出している

先日、遠征があり高校まで車で送ることとなった。

バタバタしながら車の助手席に乗り込む。


・・・あれ?スウエットの上下を着てなんで ローファなんだ?今までそんなことなかったのにと

思いつつ、そんなこともありかと思う母は何も言わなかった



途中、コンビニに寄り 降りようとした瞬間


「ああっー!!俺、ローファはいてきた。どうしよう!!」と慌てふためく1号に


「やっぱり、ローファはだめやったんや。おかしいなと思ったんだけど」

<さっさと言えよ、私

「ああっ・・・、お母さんみたいになってきたわ。俺も」


それはどういいうことや!



そして昨日の夜のこと


「お母さん、こないだの遠征のバスの中で俺さ、爆睡しててさ」

「ふんふん」


「で、何度も窓に頭をぶつけてらしくてさ。」


「ふんふん」


「目が覚めたら おでこに たんこぶが出来ていたわ



隣の子、びっくりしたやろうな


起きてきたら 1号のおでこにたんこぶが出来ているんやもん(涙)


1号にも私の天然の血が激しく流れているらしい(爆)



 人気ブログランキング←いや~ん、クリックしてして

| 日々の暮らし | 09:02 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

初めての訪問





昨日、初めて1号のバスケの友達の歌朗さんちへ遊びに行った

最近、手土産に必ず焼くシフォンケーキを行く前に焼いてカーナビをセットして地図も見て準備オーケだ。


カーナビ、信用できないので少し心配だ

前に1号と八千代からの帰り道、えらい目にあった


たんぼ道の農道をナビしたので冷や汗もんで乗りきった


出だしは順調に進んでゆく。駅で曲がるような違うような指示が出て曲がったのがいけなかった。

また、得意の山道を走りだした。「またかよっ(涙)」

次に対向車が来たらどうするんだよ?っていう道を進めという

ナビのばかやろう



ようやく道を抜けて大きな道を走り、またしても曲がるところを間違ってぐるぐる迷ってようやく歌朗さんちへ着く


1号がおしゃれな家やって言ってたとおり、さりげなく小物を利かし手作りのテレビ台とかあって素敵だ

とっても居心地のいい家♪


お昼にパスタ等をよばれ楽しい会話が弾む


あっという間に夕方の5時だ。


「まさか、高校の部活で友達ができると思わなかったわ、ほんと@@へきてよかったと思うわ」

私もそうだった。

高校のクラブでこうやって個人的にお付き合いのできる友達ができるとは思わなかった。

歌朗さんはすごく聞き上手。そして自然体で魅力的な人。


子どもたちが高校を離れても友達でいるように歌朗さんとは高校を離れても長い付き合いが続くだろうな


そんなうれしい予感がする





 人気ブログランキング←応援クリックうれしいです

| 日々の暮らし | 00:08 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

取材

きゃあー

本当に来たわ、電話が


和のインテリア関係の雑誌社の人から取材の日にちの都合を聞かれ

いよいよ第3週に取材となった


2~3時間の取材でインタビューもあるってさ


どきどき


うちのテーブル、傷だらけで汚いからどうやってカバーしようか


骨董の食器にお茶の用意


う~ん、和菓子を作るべきかって作ったことないやん(涙:)

饅頭作り、練習するか(汗)



そんでもって発売は11月だから


今のインテリアだと季節感ずれずれ



「写真で騙してる」ってダンナによく言われる私のサイト(爆)


果たして騙し通せるやろうか<おいおい(再爆)


そういうことでぐわんばります


つーか、私の友達の方、「うちへ来ない?一人じゃ私、恥ずかしくてしゃべれないわ」


と嘘つきオンナです、私(笑)


 人気ブログランキング←応援クリックうれしいです
≫ Read More

| favorite lifeに関すること | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

バカップル

ヨーカー堂で買い物をしていたら

前から30代後半で太った男性と30台前半ぐらいのちょっとスポーツ系な女性が手をつないで歩いていた


まぁまぁ、スーパーの中で手を繋がんでもええのになぁと見ていたら
急にその女性が


腰を落として



ぬわんと



スクワットをした!!



ヨーカ堂でスクワットするかぁ!


「へへ、私、思わずスクワットしちゃったわ」


「うん」


どうも二人が気になる私は彼らが通り過ぎた後も見ていたら


今度は



二人で手を繋いだまま 

お互いにスクワットをした




変態や、ほんま(涙)




 人気ブログランキング→愛のクリックしてしてぇ~♪

| 日々の暮らし | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

どつぼ(激涙)

星座占い、まったく信用できない。

昨日の占いでふたご座は2位<めざましテレビ

今までいいっていう日にいいことはひとつもなかった。

朝、仕事へ出かけるのにバタバタしている横で1号が「ワイシャツは?」聞くのでシャツを見たらアイロンをしてなくしわしわ。。。

急いでアイロンをしようとしていたら

「もういいわ、時間ないから」と怒ってそのしわしわシャツを着ていった。

ちょっと得意の口喧嘩もありいらいらしながら電車に乗り、ふと気づいた

「アイロンを消したっけ?」不安が渦巻く


うちのアイロンはスタンバイ状態になるんだけど、そこはおっちょこちょいの私、「もしかしたら服を近くに置いてなかったけ?」と不安がぴこぴこ


「でも、前もそんなことあって 火事になってませんようにって帰ったら大丈夫やったやん<おいおい(爆)」と自分に言い聞かせながらも


・・・・もし燃えていたらと悪いほうへと考えてしまい にっちもさっちもブルドッグ♪<ふるぅ(年ばれるやん)

家へ帰ることにした。

駅を出て駐輪場についてチャリに乗ろうとするが鍵がない


うそやろ、うそやろ、と雨の中、鍵を探すがない(涙)


仕方ないので歩いて家までいくことにした


時間を気にしながら急ぎ足で家まで行くうちに汗と雨で服が湿ってくる


ようやく家についてアイロンを確認すると



コードを抜き、ご丁寧にも「コードをきっちり巻いていた」ええ~ん!!!!


やっぱり戻るんじゃなかったと自分を恨みながらまた急いで駅へと向かい


電車に飛び乗った


朝のラッシュ時間が過ぎたと言えどもがらんとしているなと妙に感心して座っていたら


3駅を過ぎた時点で


「この電車は次の@@で終点です。それ以上は行きません:」と非常のアナウンスが流れる・・・・・


げげげっー

・・・・呪われている(涙)

ふたご座のいい日なんて信用するのは絶対やめとこ、それはどつぼの日やから






涙ながら心に刻んだワタクシでありんす<あほーあほー


 人気ブログランキング→愛のクリックしてしてぇ~♪


| 日々の暮らし | 09:27 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

落雷

今日の夕方、雷が鳴った。

雷は嫌いだ。

私が小学校2年生ぐらいのとき、激しい雷が鳴った

その当時、うちの家には電話がなくて近所の家で電話を借りていた。雷が鳴り始めた頃、母親にちょうど電話が掛かってきて留守だった

雷の音にびびりまくり

あまりの雷の音に一人コタツの中へ隠れてひたすら母親が帰るのを待っていた

雷はぴかっと光ってから雷の音が鳴る時間が早くなるとどんどん近づいてきているのがわかりますます怖い


今まで違う雷の音がした途端


まるで爆弾が落ちたかのような音と光に家が揺れた


バリバリッー


うちの2軒となりの電信柱に雷が落ちたのだ

怖くて家から飛び出して母親の元へ駆けて行くと



なんと落雷とともに母親が受話器に吸い寄せられてさかさまに倒れたという


雷は怖い


このとき、しっかりと心に刻み込まれた


外へ出ると道路は湯気が立っていて地面を触るととっても熱かった。

雷が鳴っているにもかかわらずテレビを見ていた近所の男の子の家では


テレビが爆発したという

それ以来、雷が鳴っていると


電話が掛かってきてもすぐ切るし


テレビは消している


あれからかなりの年月を経ているにもかかわらず




いまだに私は落雷の恐ろしさを忘れられないでいる



 ブログランキング→クリックよろしく♪

| 日々の暮らし | 20:21 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

プチ家出

今日、定例会で友達に会う。

その中の久々に会った友達の開口一番が

「娘がプチ家出したのよ」


友達の家の急な環境の変化に加えて子供の個人的事情も含まれて複雑だ。


「帰ってきたら怒ってしまうわ」に


「だめだよ、そんなことをしちゃ、家に帰れなくなるよ」

「よく帰ってきたねって迎え入れてあげなよ」


「う~ん、私だったらきっと怒ってしまうわ」と涙ぐむ友達

みんなの反応はさまざまだ

みんなでランチをした帰り道の別れ際

一人の友達が声を掛ける


「前にテレビで見たんだけど家出をした娘に親がよく帰ってきたわ、どんだけ心配していたことかって抱きしめたの。子供も無視されているわけでもなく、それでいてすごく心配されていることがわかってうれしかったみたい。だから怒っちゃだめよ、迎えてあげて。家に帰れなくなるから」


「そうよ、そうよ、そうしな」

みんなの声に

「そうだね、わかったわ」


「今日はここに来てほんと、よかった。家でいてたらどうにかなっていたと思う」




今頃は娘が帰ってきたかしら。

そして



そして私だったら子供が「探さないで」と置手紙をして家を出たら


どうやっていただろう、


そして帰ってきたときに、どうやって子供を迎え入れただろうか



そう思いながら彼女の顔を思い浮かべている



 ブログランキング→クリックが励みになります

| 雑記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

黄金のプリン

[楽天グルメ大賞2002入賞!]黄金のプリン(業務用白箱・20個パック)

(画像をクリックしたら画像が出ます)

昔、ハウスのプリンをいたく好きだった私。来る日も来る日もプリンを作って食べていた時期があった

ちまちまと作るのは面倒なので(すでにおばはん化していた小学生)丼に全部入れて冷やして食べていた

大きなプリンを食べるなんて子供のころの私には夢のような幸せだった


それからぷっちんぷりんにはまってよく買って食べ


オーブンで焼いたプリンはひたすら嫌いだったのに

パステルのプリンを食べて以来、変わっちゃった。
めちゃうまかったもん

最近ではおいしそうなプリンを見ると ひとつだけ買ってきて冷蔵庫の奥で誰にも見られないようにして一人こっそり食べている<せこっー!


だけどなぜか2号がそんなとき、来るんだよな(涙)


で、「食べる?」とほんとは言いたくない言葉を掛けたりする(汗)



日経の新聞で紹介されていたこのプリン、うまそうだ。


きっと舌の上でとろけるんだろうな♪


食べてみたいっ~~!






 ブログランキング→クリックたのんます♪

| お菓子とパン | 11:47 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月